記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全68件中)

筋ジストロフィーの治療研究の歴史(2)

―筋ジストロフィーに対するミオスタチン(myostatin)阻害療法―

MD Frontier Vol.1 No.2, 52-57, 2021

ミオスタチンは,骨格筋の筋量を負に制御するサイトカインである.ミオスタチンの抑制剤がmdxマウスなどの筋ジストロフィーモ...

フレイルに高タンパク食は必要か?

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.2, 63-76, 2020

【不要】長野県佐久市のコホート研究において「毎日肉を食べている人において,eGFR低下率が高い」という結果は大変興味深い。赤...

3.日本人と欧米人のサルコペニア肥満の相違

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 16-21, 2020

インスリンには主に同化を促進する代謝作用が知られるが,骨格筋量については正に制御する方向に作用する。肥満や加齢はインスリン抵...

1.AWGS 2019とサルコペニア肥満

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 6-9, 2020

サルコペニアの診断については,2010年のEWGSOPによる診断基準に続き,2014年AWGSからアジア人のための診断基準が出された。その後,...

特集によせて

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 5, 2020

サルコペニア肥満(sarcopenic obesity)とは肥満とサルコペニアの両者を兼ね備えた状態であると理解されている。しかしながら,サル...

筋萎縮と時間栄養

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.6, 39-43, 2019

超高齢社会に突入したわが国では,2018年における高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)が28.1%と世界でもっとも高くなって...

サルコペニア:定義と診断に関する欧州のコンセンサス改訂の翻訳とQ and A

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 37-66, 2019

[背景]2010年にEuropean Working Group on Sarcopenia in Older People(EWGSOP)によってサルコペニアの診断と治療を進めるために...