記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全56件中)

肝癌の予後に関連する因子

①サルコペニアと肝癌・肝硬変の予後

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.1, 24-29, 2018

サルコペニアは骨格筋量の減少と筋力もしくは身体機能(歩行速度など)の低下などにより定義される。慢性肝疾患患者,特に肝硬変患者...

8.サルコペニアに対する栄養介入

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 38-47, 2017

骨格筋量の減少に伴う筋力の衰えあるいはphysical performanceの低下を指すサルコペニアに対する栄養介入は,予防のための栄養介入,...

7.サルコペニアに対する運動介入

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 34-37, 2017

高齢者に対する筋力トレーニングは,筋力や筋量向上のために有効であることが多くの研究によって明らかにされている。ただし,サルコ...

5.骨格筋量・筋力の評価法

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 23-28, 2017

現在のところ,サルコペニアの骨格筋量評価法としては,二重Ⅹ線エネルギー吸収法(DXA 法),生体電気インピーダンス法(BIA 法),...

3.地域高齢者におけるサルコペニアの実態

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 13-18, 2017

老化による筋量と筋力の低下及びそれに伴う身体機能の低下状態をサルコペニアという。サルコペニアは高齢者にみられ,健康長寿達成の...

2.サルコペニアの概念と診断基準

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 7-12, 2017

サルコペニアとは加齢(原発性)および活動量の低下,悪性腫瘍,臓器不全などの疾病,低栄養(二次性)などの原因により骨格筋量の減...

Ⅱ.ロコモティブシンドローム 1.ロコモの疫学

THE BONE Vol.31 No.3, 57-61, 2017

要介護の原因疾患として重要なロコモティブシンドロームについて,地域住民に設定したコホートから,ロコモ度1,ロコモ度2の有病率を...

Ⅰ.フレイル 2.フレイルとサルコペニア

THE BONE Vol.31 No.3, 29-34, 2017

フレイルは前要介護状態を同定するための有用なツールである.サルコペニアは身体的フレイルの重要な要素であり,低栄養,活動度低下...

高齢者の栄養:サルコペニアと栄養・運動

Diabetes Frontier Vol.28 No.5, 489-494, 2017

骨格筋は日常生活における力発揮に欠かせない身体組織であり,高齢者の機能的自立にも必須である。しかし成人の骨格筋量は20歳を過ぎ...