記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全83件中)

6.ステロイド性骨粗鬆症に対する薬物療法

THE BONE Vol.32 No.3, 51-57, 2019

わが国の2014年版のステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドラインでは,ステロイド性骨粗鬆症に対する無作為化比較対照試験ならびに...

ICS/LABAの個性と抗コリン薬の位置づけ

Pharma Medica Vol.37 No.3, 47-50, 2019

わが国では気管支喘息による死亡者や入院患者数の減少という点で,世界に誇るべき成果を上げてきた。それにはGlobal Initiative for ...

薬物療法―臨床的解説―

Pharma Medica Vol.36 No.8, 34-38, 2018

薬物療法( 臨床面) のここ数年のupdateとして重要な事項は,初回発作後の治療開始の考え方と,薬物選択の変化である。本稿ではこれら...

ラコサミドをうまく使う:導入・副作用・併用薬

Epilepsy Vol.11 Suppl, 31-38, 2017

てんかんの有病率はおよそ1%であり,日本では約100万人のてんかんのある人がいるとされるが,その約70~80%は抗てんかん薬(anti-e...

逆流性食道炎治療におけるP-CABの使い方

「難治例と重症例に限る」とする立場から/「第一選択薬として積極的に使う」とする立場から

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 39-48, 2017

三輪 今回のテーマは「逆流性食道炎治療におけるカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(potassium competitive acid blocker:P-...

月経困難症治療の現状と展望について

―低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)を中心に―

WHITE Vol.5 No.2, 62-66, 2017

単に「生理がおもい」とされ,見過ごされてきた「月経困難症」.近年は,疾患として認知度が上昇し,その第一選択薬の一つである低用...

高齢者の高血圧と体液管理

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 28-33, 2016

超高齢社会を迎えたわが国において加齢性疾患,特に高血圧は心血管疾患の重要な予後規定因子であり,その適切な管理は健康寿命の延伸...

2.痛風発作の治療 1)わが国のガイドラインと他国のガイドラインとの違い

Difference of guidelines for treatment of acute gouty arthritis between Japan and other countries

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 30-34, 2016

「Summary」痛風関節炎(痛風発作)は数ある関節炎のなかでもその痛みは激烈で,発症すると患者の日常生活は著しく制限されるため,...

前立腺肥大症にともなうOABの診療

排尿障害プラクティス Vol.23 No.2, 60-68, 2015

今回改訂された『過活動膀胱診療ガイドライン(第2版)』では,前立腺肥大症(BPH)にともなう過活動膀胱(OAB)に対する治療につい...