記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全14件中)

特集にあたって

Introduction.

Pharma Medica Vol.32 No.12, 7-8, 2014

日本で関節リウマチ(rheumatoid arthritis;RA)治療に生物学的製剤がはじめて導入された2003年から,10年が過ぎようとしている。こ...

コメント

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 30, 2013

 抗リウマチ薬を初めて使用する早期関節リウマチ(RA)の治療戦略は,RAの予後を決定づけるきわめて重要な臨床的課題であり,早期診...

総論

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 12-13, 2013

 目標達成に向けた治療「Treat to Target;T2T」戦略によって,臨床的寛解を治療目標とすることがコンセンサスとなった.一方,リス...

マイクロアレイを用いた自己免疫疾患の解析

Pharma Medica Vol.31 No.1, 23-26, 2013

「はじめに」体がもつ多様な生体防御反応には, 初期の免疫応答として非特異的に働く自然免疫, そして特異性が高い防御反応である獲得...

関節リウマチにともなう痛み

Practice of Pain Management Vol.3 No.3, 6-15, 2012

はじめに 田口(司会) 本日は「関節リウマチにともなう痛み」をテーマに座談会を行います.関節リウマチ(Reumatoi...

Treat to Targetの現状と展望

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.1, 37-48, 2012

Treat to Targetのリコメンデーションについて─GOAL研究会のアンケートから 竹内 本日は,わが国における「Treat to...

関節リウマチにおけるTreat to Target

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.9 No.1, 74-79, 2011

1 T2T Inisiativeの背景と日本における展開 1.T2T Initiativeの背景  Treat to Target(T2T),すなわち「目標達成に向...

コメント

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.9 No.2, 27, 2011

 生物学的製剤には,現在,点滴製剤と皮下注製剤がある.同じ標的の製剤では,どちらの剤型を選択するか? 点滴製剤では,点滴を行...