記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全14件中)

8.薬剤とフレイル

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 51-55, 2018

高齢者は多病ゆえに多剤服用となり,薬物有害事象や服薬アドヒアランス低下などの問題を起こしやすい。そのなかでも薬剤によるフレイ...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.36 No.7, 7, 2018

超高齢社会を迎え,患者層の中心が75歳以上になる中,生活習慣病などの慢性疾患管理も発想の転換を求められている。その重要なキーワ...

特集にあたって

The Lipid Vol.26 No.3, 10-11, 2015

薬物療法や冠動脈インターベンションが進歩し,粥状動脈硬化に対する治療法がある程度確立される中で,患者層の高齢化に伴い,血管石...

大内尉義×秋下雅弘

The Lipid Vol.25 No.2, 80-87, 2014

[好奇心旺盛で目立つことが好きだった少年時代 多くの人を助ける職業に憧れて医学部へ] ―大内先生の子どもの頃の思い出からお聞かせ...

4.高齢者高血圧と性差医学

Gender difference in hypertension in the elderly

Anti-aging Science Vol.6 No.1, 25-27, 2014

「I はじめに」 女性の心血管疾患が更年期以後に出現するため, エストロゲンは女性の心血管疾患を抑制すると思われていたが, 2002年...

要訳と解説(2)スピロノラクトンはKlotho低発現マウスにおけるPIT1依存的な血管石灰化を抑制する

Voelkl J, Alesutan I, Leibrock CB, et al: Spironolactone ameliorates PIT1-dependent vascular osteoinduction in klotho-hypomorphic mice. J Clin Invest 123: 812-822, 2013

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.3 No.4, 31-35, 2013

[概要] Klotho遺伝子は活性型ビタミンDである1,25-hydroxyvitamin D3 (1,25(OH)2D3)の合成および代謝を強力に制御していることが知ら...

ホルモン年齢より認知症を考える

Anti-aging Science Vol.4 No.3, 128-131, 2012

「I はじめに」認知症, 特にアルツハイマー病は男性よりも女性に多いが, 明確な理由はわかっていない. 更年期にエストロゲン分泌がほ...

トピックス 高齢化と循環器疾患に関する最近の話題

Topics on population aging and cardiovascular disease

CARDIAC PRACTICE Vol.23 No.3, 19-22, 2012

「はじめに」加齢に伴って循環器疾患の頻度は増加する. その背景には, 循環器疾患の危険因子である高血圧や糖・脂質代謝異常の加齢性...