記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全10件中)

ACROSS trialを深読みする

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 50-52, 2016

「Summary」「眠気のある抗ヒスタミン薬のほうがかゆみ治療の効果も高いのか?」という風説を検証する目的で企画されたACROSS trial...

肥満細胞の研究を通じて

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 34-42, 2016

「肥満細胞の研究に従事するきっかけ」神戸:本日は,肥満細胞の研究に携わる私にとって偉大な先達である北村幸彦先生,中畑龍...

特集にあたって

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 5, 2016

フランスのパスツール研究所では,そこに働く女性研究員を好酸球に例えて賛美したという.「レアで,美しい」というのがその心である...

Ⅱ.疾患特異的iPSの臨床 1.NOD2変異に関連した自己炎症性肉芽腫であるブラウ症候群

Blau syndrome, autoinflammatory granulomatous disorder associated with NOD2 mutation

Surgery Frontier Vol.22 No.2, 36-40, 2015

「Summary」ブラウ症候群は,細胞内パターン認識受容体のひとつであるNOD2遺伝子の変異により,主に皮膚,関節,眼に肉芽腫をきたす...

メタボリックシンドロームと皮膚疾患

皮膚アレルギーフロンティア Vol.13 No.1, 38-45, 2015

「肥満やメタボリックシンドロームと関係する皮膚疾患」佐野(司会):本日は,「メタボリックシンドロームと皮膚疾患」をテー...

肥満と自然炎症

Obesity and innate inflammation

皮膚アレルギーフロンティア Vol.13 No.1, 21-24, 2015

「Summary」外来抗原ではなく内因性の代謝産物をストレスシグナルとして自然免疫系の受容体が認識して起こる慢性炎症が,肥満と糖尿...

インフラマソーム

The Inflammasome

皮膚アレルギーフロンティア Vol.12 No.3, 48-49, 2014

Jürg Tschoppらによって提唱されたインフラマソーム(inflammasome)は,シグナル認識にかかわる蛋白質(NLRP1,NLRC4,NLRP3,...

自然免疫と蕁麻疹

皮膚アレルギーフロンティア Vol.11 No.1, 13-16, 2013

「要約」改訂された「蕁麻疹診療ガイドライン」のなかで蕁麻疹関連疾患に分類されるクリオピリン関連周期性症候群(cryopyrin-associa...

特集にあたって

皮膚アレルギーフロンティア Vol.11 No.1, 5-5, 2013

「皮膚アレルギーフロンティア」誌も創刊後10年を経過したので, この数回はアレルギー性皮膚疾患の「この10年を振り返る」という趣旨...

自己炎症性疾患からとらえたバイオインフォマティクス

皮膚アレルギーフロンティア Vol.9 No.2, 50-56, 2011

生命現象を扱う学問は,基礎生物学から医学まで,多くの分野が相互に結びつき,参照しながら発展してきた.さらに,国際戦略として19...