記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 2件目 (全2件中)

第24回バイオメディカルフォーラム Session 2 一般演題「救急領域におけるDIC病態と治療2」 凝固線溶系障害に対する可溶性フィブリン測定の有用性の検討

Clinical usefulness of measurement of plasma soluble fibrin levels in critical ill patients

バイオメディカル Vol.24, 16-20, 2014

【はじめに】可溶性フィブリン(Soluble Fibrin:SF)はフィブリノゲンがトロンビンにより限定分解されて生じる物質である。凝固線溶...

Session 2「Antithrombinの新たなる展開を探る―DICの治療薬剤をATⅢ中心として検証する― 」原著 敗血症性DIC発症時のATⅢ活性が転帰に及ぼす影響

バイオメディカル Vol.22, 47-53, 2012

「要旨」【背景】2001年にPROWESS trialとKyberSept trialの結果が相次いで報告され, 重症敗血症における凝固異常に一層注目が集まっ...