記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全44件中)

大腸癌におけるlncRNAの機能

大腸がんperspective Vol.4 No.2, 50-53, 2019

今世紀に入って大規模なトランスクリプトーム解析が行われるようになり,ヒトゲノムの全貌が明らかになるにつれて,今まで転写の際に...

オートファジーの制御機構について

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 58-62, 2017

オートファジーはリソソームを分解の場とする細胞内分解機構として1963年にde Duveによってはじめて報告された。オートファジー研究...

解明されるSnailの機能

大腸がんperspective Vol.3 No.1, 42-45, 2016

[テーマ文献①]Hsu DS, Wang HJ, Tai SK, et al. Acetylation of snail modulates the cytokinome of cancer cells to enhance the ...

癌幹細胞の浸潤転移制御における代謝の役割

大腸がんperspective Vol.2 No.4, 34-38, 2016

「Summary」癌幹細胞は造腫瘍能,自己複製能,治療抵抗性,浸潤転移能をもつまさに癌の悪性度を産み出す親玉であると考えられている...

随想 外科治療における今後の展望

Surgery Frontier Vol.22 No.4, 90-117, 2015

「侵襲学関連分野の統合を─外科臨床のさらなる進歩をはかるために─」『Surgery Frontier』誌創刊のころ「一般外科医に必...

1.消化器癌の癌幹細胞

Cancer stem cells of gastrointestinal cancers

Surgery Frontier Vol.22 No.4, 56-60, 2015

「Summary」2007年にヒト大腸癌で癌幹細胞が発見されて以降,研究成果の蓄積によりほとんどすべての消化器癌において,癌幹細胞の存...

癌における解糖系酵素の制御とその働き

大腸がんperspective Vol.2 No.3, 49-53, 2015

[テーマ文献①]Patra KC, Wang Q, Bhaskar PT, et al. Hexokinase 2 is required for tumor initiation and maintenance and its sy...

がん細胞リプログラミングの治療応用への可能性

胃がんperspective Vol.8 No.2, 26-31, 2015

iPS細胞樹立により,鍵となる転写因子を発現させると,分化した線維芽細胞のエピジェネティック修飾がリセットされ,多能性幹細胞の...

Ⅱ.疾患特異的iPSの臨床 3.消化器疾患の治療を標的とした,疾患特異的iPSの臨床応用

Clinical relevance of induced pluripotent stem cell therapy for gastrointestinal diseases

Surgery Frontier Vol.22 No.2, 46-50, 2015

「Summary」無限の増殖能ならびに多分化能を有する多能性幹細胞である胚性幹細胞(embryonic stem cell;ES細胞)や人工多能性幹細胞...