記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全23件中)

新着機能性ディスペプシア(FD)と酸分泌抑制薬「明らかに効くので第一選択とする」とする立場から/「本当のFDには効かないのではないか」とする立場から

THE GI FOREFRONT Vol.14 No.2, 33-40, 2019

三輪 今回は,「機能性ディスペプシア(functional dyspepsia:FD)と酸分泌抑制薬」と題してディベートを行いたいと思いま...

第27回 ステーキハウス症候群

THE GI FOREFRONT Vol.14 No.1, 13-15, 2018

最近,医療系のインターネットで話題になっているのが,ステーキハウス症候群である。岡山にも最近,全国区のステーキ店がオープンし...

第26回 胃検診で発見された胃MALTリンパ腫の1例

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.2, 13-15, 2018

胃MALT(mucosa-associated lymphoid tissue)は,Helicobacter pylori(H. pylori)感染と関連が深い疾患の1つで,治...

逆流性食道炎治療におけるP-CABの使い方

「難治例と重症例に限る」とする立場から/「第一選択薬として積極的に使う」とする立場から

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 39-48, 2017

三輪 今回のテーマは「逆流性食道炎治療におけるカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(potassium competitive acid blocker:P-...

第25回 Helicobacter pylori急性感染と考えられる1症例

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 13-16, 2017

Helicobacter pylori(以下H. pylori)感染率の低下と,衛生環境の向上により,H. pylori感染による急性胃炎の...

漢方をどう使うか

Pharma Medica Vol.35 No.9, 27-30, 2017

国民生活基礎調査によると,15歳以上の人口千人あたりの便秘の頻度は,男女比では約1:2で女性に多く,また男女とも年々増加傾向に...

第24回 自己免疫性胃炎に合併し,亜有茎性を示した胃NET症例

THE GI FOREFRONT Vol.12 No.2, 13-17, 2017

胃カルチノイドは,WHO分類ではneuroendocrine tumor(NET)に含まれ,核分裂指数とKI-67指数による悪性度評価から,G1とG2に分類さ...

第23回 機能性胸やけの1例

THE GI FOREFRONT Vol.12 No.1, 15-17, 2016

日常診療で胸やけ患者に遭遇する機会は多い。その多くは上部消化管内視鏡検査を施行しても食道粘膜傷害が認められず,非びらん性胃食...

第22回 胆汁逆流が胸やけの原因と考えられた1例

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 13-15, 2015

「はじめに」GERD治療の第一選択はプロトンポンプ阻害薬(以下PPI)であるが,常用量のPPI投与によっても胸やけ症状をコントロールで...

第21回 Esophageal Rosetteを認めた食道アカラジアの1例

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.1, 7-10, 2015

「はじめに」食道アカラジアは嚥下困難を主訴とする食道の機能異常症であり,下部食道括約筋(lower esophageal sphincter:LES)の...