記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 7件目 (全7件中)

がん治療分子標的としてのDNA相同組み換え修復異常

がん分子標的治療 Vol.17 No.1, 69-76, 2019

2018年,がんにおける合成致死を利用した最初の薬剤であるPARP阻害薬が日本で承認された。これまでの基礎および臨床研究の成果から,...

卵巣がんの新たな治療戦略 ―PARP阻害薬―

Pharma Medica Vol.37 No.2, 19-23, 2019

ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(poly ADP-ribose polymerase;PARP)は,主にDNAの一本鎖切断(single strand break;SSB)に関与する...

PARP阻害薬

がん分子標的治療 Vol.15 No.4, 56-61, 2017

PARP阻害薬は,DNA修復機構に異常をもつ腫瘍に対し,“合成致死”というメカニズムを通じて画期的な効果を発揮する分子標的薬である。B...

HRD アッセイ

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 62-65, 2017

相同組み換え修復はDNA 二本鎖切断(DSB)の修復において重要な役割を果たしているが,その異常(相同組み換え修復不全(HRD))は,...

TOPARP-A試験

がん分子標的治療 Vol.14 No.4, 126-129, 2016

BRCA 遺伝子の生殖細胞変異は遺伝性乳がん・卵巣がんの原因の1つで,変異によりDNA二本鎖切断が相同組み換えによって修復され...

PARP阻害薬のバイオマーカー

Biomarker development of PARP inhibitors

がん分子標的治療 Vol.14 No.1, 112-115, 2016

「SUMMARY」BRCA遺伝子変異がんに対する合成致死(synthetic lethality)が2005年に報告されて以来,BRCA遺伝子変異を有する進行固形...

遺伝子解析に基づくがん治療 卵巣がん

Cancer treatments based on genetic analyses : ovarian cancer

がん分子標的治療 Vol.14 No.1, 26-29, 2016

「SUMMARY」遺伝子解析に基づくがん治療は,すでにいくつかの分野で実用化されている。単一の遺伝子を解析する(肺がんの上皮成長因...