記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全30件中)

VTEガイドライン2017年版の改訂ポイント

Cardio-Coagulation Vol.6 No.1, 48-54, 2019

肺血栓塞栓症(PTE)と深部静脈血栓症(DVT)は,静脈血栓塞栓症(VTE)と総称される。VTEはかつて稀な疾患とされていたが,近年では...

脳梗塞急性期の抗凝固療法(DOACの活用)

Cardio-Coagulation Vol.6 No.1, 27-33, 2019

脳梗塞急性期に抗凝固療法を開始することは,ガイドラインで推奨されていない。直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が登場して以降,非弁...

日本脳神経外科学会第77回学術総会

Cardio-Coagulation Vol.5 No.4, 54-55, 2018

日本脳神経外科学会第77回学術総会が,東北大学大学院神経外科学分野教授の冨永悌二先生を学会長として,仙台国際センターにおいて20...

抗凝固薬の中和薬の可能性

Cardio-Coagulation Vol.5 No.4, 23-28, 2018

わが国において心房細動患者は年々増加しており,また直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の適応拡大に伴って抗凝固薬を使用する頻度は増...

カテーテルインターベンション合併心房細動における抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.5 No.4, 6-14, 2018

2011年以降,4種類の直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が相次いで臨床応用されるなか,急性冠症候群や待機的経皮的冠動脈形成術を合併...

第40回日本血栓止血学会学術集会

Cardio-Coagulation Vol.5 No.3, 60-61, 2018

第40回日本血栓止血学会学術集会(JSTH)は,北海道大学大学院医学研究院免疫・代謝内科学教室 渥美達也教授を大会長に,初夏の北海...

中和薬の有効性と今後の展望

Cardio-Coagulation Vol.5 No.3, 33-41, 2018

抗凝固薬の最大の合併症は出血性合併症である。直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が登場し,ワルファリンと比較し大出血発現率は同等か...

心房細動における抗凝固療法:ワルファリンとDOAC再考

Cardio-Coagulation Vol.5 No.3, 6-14, 2018

2011年に最初の直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)であるダビガトランが登場して以来,現在までに4剤のDOACが臨床応用されたが,7年の...

癌患者におけるVTE

Cardio-Coagulation Vol.5 No.2, 43-47, 2018

わが国においては静脈血栓塞栓症(VTE)の発症は比較的少ないとされ,周術期の予防に関してはある程度普及しているが,その他の領域...