記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全24件中)

腸脳連関と生活習慣病

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.6, 81-91, 2018

消化管には全身の免疫担当細胞の約8割が集結している上,消化管自身が多彩なホルモン・生理活性物質を産生する内分泌臓器であり,血...

肥満を伴った2型糖尿病患者の治療はどうあるべきか

DIABETES UPDATE Vol.5 No.3, 4-12, 2016

肥満の中でも特に内臓脂肪型肥満は,糖尿病の発症と進展を助長する重要な因子と考えられています。肥満を伴う2型糖尿病の治療の基本...

本態性高血圧症例に,ストレス下でアルドステロン過分泌反応する患者が少なからず含まれている

Stress-induced Aldosterone Hyper-Secretion in a Substantial Subset of Patients With Essential Hypertension. Markou A, Sertedaki A, Kaltsas G, et al. J Clin Endocrinol Metab 100 : 2857-2864, 2015

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.1, 75-76, 2016

「要約」「1.背景」原発性アルドステロン症の診断で,フルドロコルチゾンとデキサメタゾン投与により副腎皮質刺激ホルモン(A...

慢性的高脂肪食習慣に伴う視床下部の炎症と小胞体ストレス

Diabetes Frontier Vol.25 No.1, 51-57, 2014

「I. 肥満症治療薬の現状・肥満症における脳科学研究の展開」生活習慣の欧米化を背景にして, 肥満症対策はわが国でもきわめて重要な...

ステロイドホルモンと脂質代謝

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.20 No.4, 23-27, 2013

「Summary」ステロイドホルモンはコレステロールより生成される脂溶性ホルモンであり, 副腎皮質ホルモンや性ホルモンの総称である. ...

『三つ子の魂百まで!』子供の食育が人生を決める

アンチ・エイジング医学 Vol.8 No.5, 67-78, 2012

「食・栄養の乱れは次世代のメタボリックシンドロームを左右する」生活習慣の欧米化を背景にして, 肥満症は地球規模の大きな健康問題...