記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全3029件中)

新着ALSの早期診断は可能か

Pharma Medica Vol.37 No.11, 63-65, 2019

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は,病態解明が進み,治験薬の開発が進められている。その成功には,早期診断,早期介入が必要である。ALS...

新着NAFLD/NASHと糖尿病

Pharma Medica Vol.37 No.9, 35-40, 2019

非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)およびその進行性の病態である非アルコール性脂肪肝炎(non-a...

新着NAFLD/NASHの疾患概念と問題点

Pharma Medica Vol.37 No.9, 15-18, 2019

1980年Ludwig1)は,肝組織所見がアルコール性肝炎類似のsteatohepatitisを呈し,2型糖尿病,高脂血症を合併し,慢性に経...

特集にあたって

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.4, 17, 2019

呼吸器の病因,病態,診断,治療などを対象とする研究領域は,20世紀の後半までは主要標的内臓器官である肺を中心に展開してきた。こ...

がんのシステム異常解析と人工知能

THE LUNG perspectives Vol.27 No.3, 17-20, 2019

がんはゲノムの多様な変異が原因となっている生体内で進化する極めて複雑な病気である.ゲノム異常と病態の間には複雑なネットワーク...

妊娠時の子宮平滑筋の収縮とその制御

(5)局所炎症

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.26 No.3, 59-65, 2019

分娩時や分娩後には子宮体部の平滑筋が効率的に,協調して収縮することが必要である。これには収縮関連蛋白質(CAPs)が大きく関与し...

―ストレスと卵胞発育異常―

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.26 No.3, 4-6, 2019

閉経前までの卵巣では,時間的・空間的に精緻な制御を受け周期的変化が起こっている。その制御機構の全容はいまだ明らかではないが,...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.37 No.8, 7-8, 2019

本特集でも用いる「発達障害」は,わが国で定着している法律用語でもあるが,昨年6月に世界保健機構(WHO)が公表したICD-11では「...

「緑内障と遺伝子」

①原発開放隅角緑内障の原因遺伝子

Frontiers in Glaucoma No.58, 59-61. 2019

緑内障の主要病型である原発開放隅角緑内障(primary open angle glaucoma:POAG)は遺伝要因が発症に関与することが知られており,...