記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 5件目 (全5件中)

第12回優秀演題論文集 Session7 分子標的薬を用いた全身化学療法におけるAFP-L3分画の意義

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.4, 72-73, 2015

「背景」進行肝癌の生命予後は不良であるが,分子標的薬の登場により治療の選択肢が広がった。特にソラフェニブ(ネクサバール®...

超音波Fusion技術の進歩と装置間比較

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.4, 37-43, 2015

「はじめに」2003年に日立メディコ社(現日立アロカメディカル社)と東北大学病院消化器内科の岩崎隆雄先生らが世界に先駆けて,超音...

第49回日本肝癌研究会

The Liver Cancer Journal Vol.5 No.4, 58-61, 2013

[はじめに] 第49回日本肝癌研究会が2013年7月11日(木)~12日(金)にかけて, 新宿の京王プラザホテルで川崎誠治会長(順天堂大学医学部...

肝細胞癌治療における背景肝病変の意義

The Liver Cancer Journal Vol.3 No.4, 13-24, 2011

 わが国の肝細胞癌(以下,肝癌)の多くは,C型およびB型肝炎ウイルスへの感染を起因とするが,近年これらのウイルス感染を原因とせ...

第18回日本消化器関連学会週間(JDDW)

The Liver Cancer Journal Vol.3 No.1, 55-57, 2011

 第18回日本消化器関連学会週間(Japan Digestive Disease Week;JDDW)が,2010年10月13日より16日までパシフィコ横浜で開催されま...