記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全69件中)

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

6.免疫異常

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 49-52, 2020

睡眠が心身に及ぼす影響は大きく,睡眠障害は様々な心身の機能低下(耐糖能低下,コルチゾル低下,交感神経系優位,免疫能低下等)を...

ベーチェット病の成因研究最前線

Pharma Medica Vol.38 No.4, 61-66, 2020

ベーチェット病は原因不明の全身性炎症疾患であり,遺伝的素因を有する個体に何らかの環境要因が関与することにより発症すると考えら...

5 皮膚真菌症とTh17

皮膚アレルギーフロンティア Vol.17 No.2, 33-39, 2019

自然免疫は下等生物から高等生物にまで広く備わった免疫機構である.獲得免疫は外来異物に対して後天的に形成され,高度な特異性と免...

自然リンパ球

鼻アレルギーフロンティア Vol.19 No.2, 22-24, 2019

鼻副鼻腔におけるアレルギー疾患は,抗原特異的な免疫応答(獲得免疫),すなわち抗原特異的免疫グロブリンE(immunoglobulin E:IgE...

特集にあたって

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 17, 2019

炎症反応は,免疫応答の初期に起こる反応の一つで,通常は一過性であり病原体が排除されれば急速に収束する。主に貪食細胞の食作用や...

喘息病態研究におけるトピックス

Pharma Medica Vol.37 No.3, 23-27, 2019

近年,気道上皮細胞が物理的・化学的バリアとして生体防御に機能するだけでなく,外界からのさまざまな刺激に反応して種々のサイトカ...

NK,NKT細胞について教えてください

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.2 No.1, 36-38, 2018

生体の免疫系には自然免疫と獲得免疫があります.前者は生まれながらに備わっている免疫系で,抗原の感作を必要とせず,特有のパター...

免疫と腸内細菌

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.1, 66-71, 2018

多細胞生物は,細菌,ウイルス,寄生虫などの多種多様な微生物に日常的に曝露されている。これらの多様な病原体微生物の感染から身を...