記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全13件中)

遺伝性びまん性胃癌HDGC

胃がんperspective Vol.10 No.1, 24-31, 2018

孤発性胃癌の減少により,欧米では全胃癌の約1~3%を占めるとされる遺伝性胃癌がわが国でも目立つようになってきている。特に,CD...

ゲノム解析によって胃癌診療はどのように変わるか

胃がんperspective Vol.9 No.3, 5-14, 2017

次世代シーケンサー(Next generation sequencing;NGS)の登場によって,全ゲノム領域の変異,コピー数異常などが比較的容易に解析...

H. pylori感染と胃癌:どこまで分かったか?

胃がんperspective Vol.9 No.2, 14-24, 2017

Helicobacter pylori(H. pylori)感染による胃発癌機構はどこまで分かったのか? H. pylori 感染者の胃粘膜に...

JGSG進行状況報告2

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 58-59, 2015

「1 メチル化診断の最新の状況について」H. pyloriに感染すると胃粘膜の細胞にメチル化が発生するが,除菌後にメチル化の程度がどれ...

年齢を刻むエピジェネティクス

Epigenetic Fingerprint of Aging

アンチ・エイジング医学 Vol.11 No.1, 73-80, 2015

「はじめに」ヒトは加齢に伴ってさまざまな環境要因に曝露する。これらの環境要因の中には,エピジェネティック修飾の異常(エピジェ...

第81回癌と多様性 Epigenetic field cancerization

Surgery Frontier Vol.21 No.2, 62-65, 2014

癌の多発は古くて新しい問題である. 多発の機構として, field cancerization(発癌の素地)の概念がSlaughterらにより提唱されたのは19...

胃癌幹細胞とエピジェネティクス研究の新展開

胃がんperspective Vol.6 No.4, 5-12, 2013

癌幹細胞の研究およびDNAメチル化やヒストン修飾といったエピジェネティクスの研究が進み, 癌の発生メカニズムや治療抵抗性の原因が...

胃癌の多発, 再発は予知可能か~新たな分子診断の展開~

胃がんperspective Vol.5 No.3, 5-13, 2012

遺伝子や分子の異常を指標として, 胃癌の進行度や転移, 予後, 治療感受性などを予測, 診断する試みがこれまでに数多く行われ, 一定の...

胃癌と大腸癌の発癌機序をめぐって

THE GI FOREFRONT Vol.8 No.1, 45-58, 2012

「1 胃癌と大腸癌に関わる最近の知見」「浅香」今回は胃癌と大腸癌の原因や発癌機序の相違および癌細胞の特徴などについて座談会を行...