記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 2件目 (全2件中)

基礎研究 ストレス反応性脳内神経伝達物質アンジオテンシンⅡによる排尿反射亢進の分子機構解明・排尿反射亢進に対する脳内アンジオテンシンⅡタイプ1受容体を標的とした治療効果の可能性

排尿障害プラクティス Vol.27 No.1, 72-74, 2019

過度のストレス曝露(不安を感じたり,緊張したとき)により頻尿,つまり排尿反射の亢進が起きることが知られていますが,その詳細な...

糖尿病と下部尿路症状

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 45-51, 2016

糖尿病に付随する膀胱機能障害は19世紀中頃より知られており, 古典的には尿意の鈍麻・消失, 膀胱容量の増加, 排尿筋収縮力低下や残尿...