記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全29件中)

消化管出血の既往例に対する抗血小板・抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 26-31, 2019

消化管出血の代表として消化性潰瘍出血と大腸憩室出血を取り上げ,その既往がある症例に対して抗血小板・抗凝固療法を行う際の対応に...

抗凝固療法中や抗血小板療法中の消化管出血

Cardio-Coagulation Vol.4 No.3, 31-37, 2017

抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)は小腸粘膜障害を増悪させ,上部に加えて下部の消化管出血のリスク因子となる。また,抗血栓薬の多剤...

OTSC使用のコツとテクニック

胃がんperspective Vol.9 No.3, 38-43, 2017

わが国で開発された,早期胃癌に対するESD(粘膜下層剥離術:Endoscopic Submucosal Dissection)は,初めて報告されてからすでに20...

JGSG進行状況報告1

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 57, 2015

「1 薬物性の消化管傷害の実態調査について」薬物性・薬剤性の出血性潰瘍の実態について調べるため,「jgsg.jp」のホームページ内よ...

7.エボラウイルス病

Ebola virus disease

Surgery Frontier Vol.22 No.3, 44-49, 2015

「はじめに」西アフリカにおけるエボラウイルス病(Ebola virus disease:EVD)の流行では,WHOの発表によると2015年5月31日現在,感...

報告 3.その他のJGSG Project進行状況報告

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.2, 47-48, 2014

現在,進行中あるいは計画中のJGSG共同試験①薬剤性消化管傷害の実態とアンケート調査,②40歳未満の若年H.pylori感染者を対象とした...

7.抗血栓療法による消化管出血のリスク増大

血栓と循環 Vol.22 No.2, 46-50, 2014

「論文のポイント」 [1]抗血小板薬である低用量アスピリン(LDA)は消化管粘膜傷害・出血のリスクを高める. [2]LDAの消化...

わが国におけるNSAIDs起因性消化管傷害の特徴

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.1, 23-25, 2014

わが国におけるNSAIDsによる上部消化管出血のケースコントロール研究において, 上部消化管出血のオッズ比は, アスピリンで5.5, 他のN...

臨床からみた疫学

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.1, 12-15, 2014

NSAIDsはCOX-1を介する間接的傷害と直接的な傷害機序により全消化管に様々な傷害を引き起こす. NSAIDs使用者では, 上部消化管出血の...