記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全30件中)

嗅覚障害はパーキンソン病の進行とともに増悪するか?

「Yes」の立場から

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 16-18, 2017

嗅覚障害はパーキンソン病(PD)の進行とともに増悪するのか? PDの他の症状は治療介入の影響や,認知機能の変動などを除けば,ほと...

ニューロステロイドと記憶

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.24 No.2, 37-44, 2017

記憶中枢の海馬のグルタミン酸神経は,独自に女性ホルモンであるエストラジオール(E2)や男性ホルモン(テストステロン...

海馬でのテストステロン産生

Hippocampal production of testosterone

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.3, 28-33, 2016

「2000年以前の風景」長年にわたり,ステロイドホルモンは脳内で合成されることはなく,男性・女性ホルモンは血流に乗って脳血液関門...

特集にあたって

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.3, 21, 2016

男性のアンチエイジングにはテストステロンが重要であることは論を待たない。本特集では,テストステロンに関するトピックを気鋭の研...

認知機能(神経疾患)と睡眠時無呼吸症候群

Cognitive function and sleep apnea syndrome

THE LUNG perspectives Vol.24 No.1, 63-68, 2016

「Summary」閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)では,神経心理学的症候として,注意・ビジランス,言語性と視覚性の遅延長期記憶,視覚空間構...

海馬硬化症の現状とてんかん外科の将来

Epilepsy Vol.9 No.2, 7-16, 2015

「内側側頭葉てんかん(MTLE)手術は減少傾向」亀山:最近,欧米ではMTLE手術は減少傾向にあり(表1),日本のてんかん外科で...

慢性腰痛と脳の形態変化

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 24-30, 2015

Voxel-based morphometry (VBM)による脳内組織の容積を直接測定する形態学的画像診断法を用いた研究で,慢性腰痛患者では,前頭前...