記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 9件目 (全9件中)

予防接種・ワクチンのリスクとベネフィット

Pharma Medica Vol.36 No.5, 9-13, 2018

ワクチンは,感染症の予防に最も特異的であり,かつ効果の高い医薬品(生物学的製剤)である。ワクチンを接種することを予防接種という...

1.ノロウイルス研究の最新知見

感染制御と予防衛生 Vol.1 No.1, 4-11, 2017

ノロウイルス(Norovirus:NoV)は,感染性胃腸炎,大規模な食中毒を引き起こす原因ウイルスであり,感染メカニズムの解明やワクチン...

季節性インフルエンザウイルスの抗原変異株の出現予測

インフルエンザ Vol.18 No.2, 31-34, 2017

季節性インフルエンザウイルスは,少しずつ抗原性を変えながら毎年流行をくり返している.最近,自然界で起こる季節性インフルエンザ...

最近のインフルエンザの動向

インフルエンザ Vol.18 No.2, 7-12, 2017

河岡(司会) 本日は最近のインフルエンザをめぐる動向について,西浦博先生には疫学的な立場から,国立感染症研究所の渡邉真治先生...

より効果的なインフルエンザワクチンを目指して

インフルエンザ Vol.14 No.2, 9-14, 2013

「河岡(司会)」多くの臨床の先生方が特に興味をおもちなのはインフルエンザワクチンに関することではないでしょうか. そこで今回は国...

WHOのインフルエンザワクチン株の選び方

インフルエンザ Vol.13 No.2, 41-47, 2012

インフルエンザウイルスは頻繁に抗原性を変化させるために, ワクチン株は毎年見直しが必要である. 世界保健機関(WHO)は世界インフ...

血清診断におけるHIと中和抗体の意義(特にH5N1)

インフルエンザ Vol.10 No.3, 37-43, 2009

インフルエンザの血清診断法であるHI試験や中和試験は, 現在では流行予測やワクチンの有効性の代替指標としての役割が強い. H5N1イン...