記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全9835件中)

新着第1回

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 62-65, 2020

私は,いずれも長期ではないが,ドイツ連邦共和国,米国,英国と3ヵ国で海外留学を経験することができた。最初の留学先は,K教授から...

新着消化管機能検査の進歩

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 56-61, 2020

消化管機能変化に起因する消化管疾患でまず想起される疾患は,Rome Ⅳ基準で定義され,機能性ディスペプシアおよび過敏性腸症候群を代...

新着第31回

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 50-54, 2020

今回は2019年下半期に掲載され,研究最前線にいる消化器病医に最もインパクトの大きかった論文を選んでいただき,疾患バランスを考慮...

新着ピロリ菌に対する第一次治療はこのままでよいか?

コメント

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 46-49, 2020

現在のHelicobacter pylori(H. pylori)除菌療法の大半は,「antimicrobial stewardship」(抗菌薬適正使用)という...

新着ピロリ菌に対する第一次治療はこのままでよいか?

「従来通りPPI・P-CAB/ACで行うべき」とする立場から/「PPI・P-CAB/AMで行うべき」とする立場から

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 38-45, 2020

わが国の保険診療におけるH. pylori除菌治療は,一次除菌がプロトンポンプ阻害薬(PPI)・カリウムイオン競合型アシッドブロ...

新着6 便秘の外科治療とその適応

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 31-36, 2020

慢性便秘症に対する外科治療には,高度大腸通過遅延型便秘症に対する大腸切除術,直腸瘤に対する直腸瘤修復術,直腸重積に対するvent...

新着5 新規便秘薬の特徴とその使い方

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 27-30, 2020

近年多くの新規便秘治療薬が承認され医師の選択肢が広がってきた。しかし保険診療では保医発により現在新規便秘薬は通常の既存の便秘...

新着4 日本の従来の便秘薬物治療の特徴とその効果

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 22-26, 2020

近年,新しい作用機序の便秘薬が続々と国内で発売され,便秘症の薬物治療は以前と比べると随分,様変わりしてきた。特に2017年10月に...

新着3 日常生活指導における便秘治療

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 18-21, 2020

慢性便秘症には腸管運動に関与する神経の変化などの内因性と生活環境の変化などの外因性の複数の要因が関与している。したがって,効...