記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全15件中)

世界血栓症デー(2018年10月13~14日)

Frontiers in Haemophilia Vol.6 No.2, 48-51, 2019

国際血栓止血学会(ISTH)は,血栓症の概念を確立したドイツの病理学者 Rudolf Virchowの業績および貢献を記念して誕生日である10月1...

Question アスピリンの癌転移抑制について

Surgery Frontier Vol.20 No.2, 120-122, 2013

「Answer」アスピリンを長期服用している患者で, 特に大腸癌の発生や転移, 死亡率の減少が認められることを, 多くの疫学調査, random...

【各論―虫垂癌―】虫垂腫瘍に対する鏡視下手術

大腸癌FRONTIER Vol.5 No.2, 74-79, 2012

「Summary」虫垂腫瘍の術前診断は困難で, 虫垂切除術が施行されたうち約1%程度に偶然発見されることが多い. ほとんどは小さなカルチ...

【各論―肛門管癌―】肛門管癌に対する手術適応と術式の選択

大腸癌FRONTIER Vol.5 No.2, 38-41, 2012

「Summary」肛門管癌で最も頻度が高い腺癌については直腸癌の治療方針に倣うのが一般的である. また, 悪性黒色腫は悪性黒色腫の治療...

EMTと大腸癌

Surgery Frontier Vol.19 No.3, 71-75, 2012

「Summary」上皮間葉移行(epitherial-mesenchymal transition;EMT)は, 上皮細胞が間葉系細胞に変化し, 組織を動的に再構築するス...

癌治療におけるRNAi療法

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.4, 73-77, 2011

Summary  RNAiによる癌治療は1998年に発見された特定の遺伝子を抑制する機構である。siRNAやmiRNAによりmRNAを翻訳抑制・分...

Question 大腸癌肝転移の外科治療方針は変わってきていますか?

Surgery Frontier Vol.18 No.1, 93-96, 2011

Answer  大腸癌において肝転移は最も頻度の高い再発形式である。大腸癌研究会の全国集計データでは大腸癌の手術患者の10.7...

【ゲノム遺伝子と大腸発癌】miRNAをはじめとするnc-RNAと大腸発癌

大腸癌FRONTIER Vol.3 No.3, 32-35, 2010

「Summary」最近non-coding RNA(ncRNA)の中でもマイクロRNA(miRNA)の研究が世界規模で行われており, 発癌の過程に関与していることが...

Question 粒子線治療の現状と展望について教えてください

Surgery Frontier Vol.16 No.3, 117-119, 2009

「Answer」「粒子線とは」現在, 癌の治療に対して用いられている放射線は光子線と粒子線である(図1). X線やガンマ線は光の波(光子...