記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 5件目 (全5件中)

マウスモデルを用いた胃癌幹細胞へのアプローチ

胃がんperspective Vol.10 No.3, 24-29, 2019

胃癌の多くは,ヘリコバクター・ピロリなどの感染による慢性炎症を背景として発症することが知られている。近年,さまざまな癌腫にお...

3.慢性炎症起因性胃癌の成立機構

Mechanism for inflammation-associated gastric tumorigenesis

Surgery Frontier Vol.22 No.4, 68-72, 2015

「Summary」癌幹細胞は腫瘍組織形成のもとになる細胞であり,治療抵抗性の高いことから,癌の再発,転移などの起源になると考えられ...

第8回 胃癌の癌幹細胞

Frontiers in Gastroenterology Vol.17 No.3, 74-80, 2012

「Summary」近年, 癌における抗癌剤・放射線治療に対する抵抗性や癌の再発には, 癌幹細胞の存在が関与していると考えられてきており,...

Question ニッチとは?癌幹細胞との関係は?

Surgery Frontier Vol.17 No.1, 85-87, 2010

「Answer」「ニッチとは?」ニッチ(niche)とは壁のくぼみを意味する言葉であり, 1978年にSchofieldが組織幹細胞の維持に必要な微小環...