記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全21件中)

構造破壊肺にみられる肺癌非典型例

THE LUNG perspectives Vol.27 No.2, 24-27, 2019

慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎(IP)などの肺実質の構造破壊を伴う肺では,肺野型肺癌の進展は制限されて非典型像を呈する....

サーモプラスティの現状と課題

Pharma Medica Vol.37 No.3, 57-60, 2019

気管支喘息とは,ダニやハウスダストなどのアレルゲンの吸入が原因で発症しIgEや好酸球が上昇するアレルギー性疾患と従来は考えられ...

COPDに対する気管支バルブ治療

THE LUNG perspectives Vol.26 No.4, 33-36, 2018

慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は気流閉塞と動的肺過膨張により労作時の呼吸困難が生じ,内科的治療を最大限に行うも効果が乏しく,生...

気管支喘息のサーモプラスティ治療

THE LUNG perspectives Vol.26 No.4, 23-28, 2018

気管支サーモプラスティ(BT)とは,気管支鏡を使ってバスケットカテーテルを気管支にまで到達させ,気管支へと直接,高周波電流を流...

難治性喘息への新たな一手―Bronchial thermoplastyについて―

Bronchial thermoplasty ; new therapeutic strategy for intractable asthma

THE LUNG perspectives Vol.24 No.2, 17-20, 2016

「Summary」近年,末梢気道閉塞による疾患に対するさまざまな呼吸器インターベンション技術が開発されつつある。重症持続型喘息患者...

問 るい痩と呼吸困難を主訴に来院し,HIV感染症,ニューモシスチス肺炎(PCP)と診断された男性。PCPは治療導入し改善傾向となったが,気管支鏡検査と胸部CT上でPCPだけでは説明できない所見を認めた。PCP以外の診断は?

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.6 No.2, 60-63, 2015

【症例】45歳,男性主訴:るい痩,発熱,呼吸困難。現病歴:入院9ヵ月ほど前よりるい痩が徐々に進行しており,入...

序文

THE LUNG perspectives Vol.23 No.3, 18, 2015

本号は,特発性肺線維症(IPF)に焦点をあてた。びまん性肺疾患としては,3年ぶりの特集である。呼吸器病学の五大疾患群は,気管支喘...

PET/CTで集積を認めた気管支内異物の1例

THE LUNG perspectives Vol.23 No.3, 1, 2015

58歳,38 pack-yearの喫煙歴がある女性。生来健康であり,特記すべき既往や症状はない。検診にて血清癌胎児性抗原(CEA)高値:7.3ng...

癌性髄膜炎にゲフィチニブ再投与が有効であった肺腺癌の1例

A case of successful re-treatment with gefitinib for carcinomatous meningitis of lung adenocarcinoma

THE LUNG perspectives Vol.22 No.4, 2-4, 2014

「はじめに」肺癌は集約的な治療にもかかわらず依然として予後不良の疾患である。近年,上皮成長因子受容体(epidermal growth facto...