記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全14件中)

Ⅱ 過活動膀胱の治療 ④薬物療法―併用療法

Pharma Medica Vol.37 No.6, 39-48, 2019

『過活動膀胱診療ガイドライン[第2版]』によれば,過活動膀胱(overactive bladder:OAB)に対する治療法には,①行動療法,②薬物療法...

改訂の要点―アルゴリズムから読み解く

排尿障害プラクティス Vol.23 No.2, 16-29, 2015

2005年に『過活動膀胱診療ガイドライン』が刊行されてからすでに10年が経過し,「過活動膀胱」「OAB(overactive bladder)」という...

排尿生理におけるNO作動性神経の役割

排尿障害プラクティス Vol.23 No.1, 12-18, 2015

一酸化窒素(nitric oxide;NO),環状ヌクレオチド一リン酸であるcAMP,cGMPは,下部尿路機能の調節に重要な役割を果たしている。Ph...

膀胱上皮におけるTRPVチャネルとATP放出メカニズム

排尿障害プラクティス Vol.20 No.1, 7-14, 2012

近年の神経科学研究により, イオンチャネルやレセプター分子がメカノセンサーとしても機能しているとされ, 尿路においてもTRPチャネ...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.20 No.1, 4-5, 2012

尿意を発生させるメカニズムとして, 近年, 尿路上皮の重要性が認識されている. 尿路上皮は病原体や尿中成分の浸透に対する防御機能と...

第5回/第6回学会の報告

排尿障害プラクティス Vol.19 No.4, 72-75, 2011

 日本排尿機能学会(NBS),Korean Continence Society (KCS),Taiwanese Continence Society (TCS)の3学会のJoint Meetingが20...

(薬物療法 前立腺肥大症による過活動膀胱症状)日本排尿機能学会主導研究TAABO試験

(前立腺肥大症の過活動膀胱症状に対するα遮断薬・抗コリン薬併用療法試験)

排尿障害プラクティス Vol.19 No.3, 65-69, 2011

はじめに  前立腺肥大症(BPH)患者で過活動膀胱(OAB)を併発し,蓄尿症状を有する患者に対しては実際の臨床の場において...

第4回国際尿失禁会議からの報告 Committee3 Cell Biology

「細胞生物学」

排尿障害プラクティス Vol.19 No.1, 66-88, 2011

構成:C.H. Fry教授(英国)を委員長とし,A.J. Kanai教授(米国),A. Roosen教授(ドイツ),D.N. Wood教授 (英国),武田...