記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 6件目 (全6件中)

膀胱血流とバイオマーカー

排尿障害プラクティス Vol.21 No.4, 58-63, 2013

バイオマーカーとは, 主に疾患の病態把握などを数値化, 定量化して示すことができる指標である. 近年, 下部尿路機能障害と尿中バイオ...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.21 No.4, 5, 2013

下部尿路機能障害の病態には, 神経原性, 筋原性, 尿路上皮性, 虚血性因子が相互に複雑に関与する. 動物モデルを用いた基礎研究では, ...

アドレナリンα₁受容体遮断薬の役割

排尿障害プラクティス Vol.19 No.4, 35-40, 2011

 前立腺肥大症は進行性の疾患であり,経時的に症状の増悪,前立腺腫の増大,急性尿閉の発症といった事象を呈する.前立腺肥大症に対...

過活動膀胱に対する遺伝子治療

排尿障害プラクティス Vol.15 No.2, 53-58, 2007

“遺伝子治療”がヒトに応用されてから20年近くが経過した. 排尿障害領域においては, ムスカリンm3遺伝子をラット膀胱壁に注入し, 排尿...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.15 No.2, 7, 2007

「過活動膀胱(overactive bladder)」の定義が新しくなり, 侵襲的検査である尿流動態検査を行わなくても診断できるようになった. また...

前立腺全摘除術後尿失禁に対する磁気刺激治療

―Extracorporeal magnetic innervation―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 65-71, 2006

前立腺全摘除術は限局性前立腺癌に対する一般的な手術となり安全に施行されるようになったが, 依然として術後尿失禁は患者のQOLを低...