記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全39件中)

3.日本人と欧米人のサルコペニア肥満の相違

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 16-21, 2020

インスリンには主に同化を促進する代謝作用が知られるが,骨格筋量については正に制御する方向に作用する。肥満や加齢はインスリン抵...

「専門医のためのQ&A」「指導士のためのQ&A」

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.6, 74-75, 2019

「専門医のためのQ&A」Q1 ケトン体について誤っているのはどれか。Q2 SGLT2(sodium-glucose co-transporter 2)阻害薬につ...

糖尿病患者の血圧管理を考える

DIABETES UPDATE Vol.8 No.3, 4-13, 2019

動脈硬化による大血管疾患のリスク因子である糖尿病と高血圧は,両者が合併すると大血管疾患の発症頻度が増加するだけでなく,腎症,...

「J-DOIT3」

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.3, 84-86, 2018

糖尿病の血管合併症の発症進展や死亡の抑制には,血糖単独での介入では効果が十分ではなく,統合的多因子介入によって強く抑制される...

「専門医のためのQ&A」「専門医・指導士のためのQ&A」

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.4, 74-75, 2018

「専門医のためのQ&A」Q1 糖尿病とその合併症について正しいのはどれか。「専門医・指導士のためのQ&A」Q1 糖代謝マ...

「1,000万通りの個別化医療」を目指して

The Lipid Vol.29 No.4, 1-2, 2018

近年,治療の進歩によって糖尿病患者の心血管イベントの発症率は減少している.治療の効果や安全性の検証には,ランダム化比較試験が...

Ⅱ.生活習慣病の骨粗鬆症への影響 1.2型糖尿病

THE BONE Vol.31 No.4, 47-51, 2018

2型糖尿病では骨折のリスクが上昇し,骨質の低下がその原因として考えられている.その機序としてはインスリン様成長因子や終末糖化...