記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全20件中)

(座談会)経口抗凝固薬の展望

脳と循環 Vol.20 No.2, 15-24, 2015

「心房細動による心原性脳塞栓症の特徴と実態」棚橋(司会):近年注目されている新規経口抗凝固薬(NOACs)は、1962年の発売...

脳血管障害慢性期の降圧目標についての最近の考え方

脳と循環 Vol.20 No.1, 64-67, 2015

「はじめに」脳血管障害慢性期患者では,再発予防のため抗血栓療法,リスク因子管理が行われる.高血圧の管理は,リスク因子管理のな...

各論 脳血管障害合併高血圧の治療

Treatment of hypertension associated stroke

CARDIAC PRACTICE Vol.25 No.4, 33-37, 2014

「はじめに」脳血管障害を合併する高血圧患者では,臨床病型,発症後の時間,重症度,年齢,抗血栓薬の使用状況などを考慮し,降圧対...

SGLT2阻害薬への期待と注意点

DIABETES UPDATE Vol.3 No.4, 6-13, 2014

2014年6月13日,SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会より「SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendation」が発表されました。これ...

(座談会)抗血栓療法と出血性合併症

脳と循環 Vol.19 No.2, 11-19, 2014

「それぞれの抗血栓療法と頭蓋内出血」 棚橋(司会) 抗血栓療法は現在, 血栓溶解療法, 抗血小板療法, 抗凝固療法に大きく分けられます...

脳卒中と抗血栓療法

Stroke and antithrombotic therapy

Angiology Frontier Vol.12 No.3, 16-21, 2013

「Summary」抗血栓療法は, 虚血性脳卒中の急性期, 慢性期が対象となる. 脳梗塞発症4,5時間以内の超急性期では, 遺伝子組み換え組織型...

(座談会)脳虚血に対する血管内治療の役割

脳と循環 Vol.18 No.1, 11-17, 2013

「脳梗塞急性期症例に対するt-PA療法の現状」 棚橋(司会) 脳虚血に対する最善の治療は早期の血流再開により虚血に陥っている脳組織を...

ダビガトランの適応と留意点

Pharma Medica Vol.30 No.2, 33-37, 2012

はじめに  心房細動患者の心原性脳塞栓症または全身性塞栓症予防にワルファリンが数十年にわたり使用されてきたが,2011年...

3.脳 b.脳梗塞の抗血小板療法 CLAIR 1.急性期症候性脳または頸動脈狭窄患者における塞栓症抑制に対するクロピドグレルとアスピリン併用対アスピリン単独の無作為化,オープンラベル,盲検エンドポイント試験(CLAIR試験)

血栓と循環 Vol.19 No.3, 137-139, 2011

出 典 Wang KSL, et al: Clopidogrel plus aspirin versus aspirin alone for reducing embolization in patients with a...