記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全40件中)

Ⅰ.細胞内代謝とイムノメタボリズム

1.細胞内脂質代謝とイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 15-21, 2019

近年,細胞応答制御と栄養代謝制御が表裏一体の関係にあることが明らかにされ,そのクロストークの分子機構や慢性炎症における意義が...

核内受容体FXR─大腸炎,大腸発がん抑制への可能性

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 62-67, 2019

炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎,クローン病は,厚生労働省特定疾患医療受給者証交付件数でみると,2006年度ではそれぞれ9万627人...

胆汁酸代謝調節によるメタボリックシンドロームの予防

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 49-55, 2019

肝臓でコレステロールから合成される胆汁酸は,単に脂質の消化吸収を促進するだけでなく,生体内シグナル伝達分子として全身の代謝を...

核内受容体を標的とした胆汁酸代謝治療薬の展望

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 30-35, 2019

核内受容体は,遺伝子の転写活性を制御している転写因子である。ヒトでは48種類報告されており,7つのサブグループ(NR0~6)に分け...

ピオグリタゾン

~心血管イベント抑制効果を中心に~

Pharma Medica Vol.36 No.6, 37-40, 2018

2型糖尿病はインスリン抵抗性を基盤としており,慢性的な高血糖により心血管イベントをはじめとするさまざまな合併症を発症する。ピ...

ソーク研究所留学記

DIABETES UPDATE Vol.6 No.3, 54-56, 2017

私は2011年10月から米国サンディエゴのソーク研究所のRon Evans教授の下でポスドクとして留学し,また2016年11月から同研究所のstaff...

9. 胆石症・胆管結石と脂質代謝

The Lipid Vol.28 No.2, 74-79, 2017

胆石症の多くを占めるコレステロール胆石は肝臓における脂質代謝と密接に関連している.胆汁中コレステロールは胆汁酸およびリン脂質...

核内受容体とエイジング

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 79-93, 2017

核内受容体は,リガンド依存的な転写制御因子として機能し,後生動物において発生,生殖,代謝および恒常性維持を制御している。線虫...

Ⅱ.PPARαと疾患 2.動脈硬化とPPARα

The Lipid Vol.27 No.4, 47-53, 2016

「Summary」PPARαは脂肪酸などをリガンドとする核内受容体であり,肝臓における脂質代謝を改善し,抗動脈硬化作用をもたらす.PPARα...