記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全21件中)

薬物療法

排尿障害プラクティス Vol.29 No.1, 40-46, 2021

•現在の定義では,抗コリン薬とβ3アドレナリン受容体作動薬(β3作動薬)の併用療法を含めた薬物治療を行って...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 13, 2020

2009年にわが国で初めて『夜間頻尿診療ガイドライン』が刊行され,臨床の場で長らく使用されてきた。それから実に11年を経て改訂され...

夜間頻尿診療の現状

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 4-11, 2020

夜間頻尿は男女を問わず下部尿路症状のなかで最も頻度の高い症状で,QOLへの影響も大きいことが疫学調査で示されています。夜間頻尿...

UABと非侵襲的検査

排尿障害プラクティス Vol.27 No.2, 37-44, 2019

低活動膀胱(underactive bladder;UAB)はいまだ明確な定義がなされておらず,「排尿筋低活動を示唆する症候群であり,残尿感をとも...

Ⅱ 過活動膀胱の治療 ②薬物療法―抗コリン薬

Pharma Medica Vol.37 No.6, 29-32, 2019

過活動膀胱(overactive bladder:OAB)の治療薬として長らくゴールドスタンダードとされてきたのが抗コリン薬である。β₃受容体作動薬...

ICS 2018

排尿障害プラクティス Vol.26 No.2, 76-79, 2018

48回目となる今年のICS(国際禁制学会)は,2018年8月28~31日の日程で,米国ペンシルヴェニア州フィラデルフィアにて開催されました...

日本排尿機能学会認定医制度について

排尿障害プラクティス Vol.25 No.2, 66-69, 2017

日本排尿機能学会(以下,JCS)は,下部尿路機能障害の病態解明,診断,治療の進歩に即応した医師の養成を図ることにより,下部尿路...

小児OABの診療

排尿障害プラクティス Vol.23 No.2, 69-76, 2015

小児の過活動膀胱(OAB)は成人とほぼ同等の頻度で認められ,患児のself-esteemにも多大な影響を及ぼすことから,適切な診断と治療が...

下部尿路血流におけるNO/cGMP系の関与

排尿障害プラクティス Vol.23 No.1, 19-24, 2015

下部尿路の血流が排尿機能へ及ぼす影響については,基礎実験や臨床研究においてさまざまな報告がなされている。さらに,PDE5阻害薬が...