記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

新着慢性骨髄性白血病に対する治療の現状と今後

Pharma Medica Vol.37 No.10, 13-17, 2019

慢性期の慢性骨髄性白血病(chronic phase-chronic myelocytic leukemia:CML-CP)の治療成績は2001年に第一世代チロシンキナーゼ阻害...

脳静脈洞血栓症を合併し,開頭減圧術・術後エクリズマブ投与が有効であったPNHの一例

PNH Frontier No.6, 46-49, 2019

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)患者の溶血は,感染症や手術などの生体侵襲により増悪し,血栓症誘因の一つとなることが知られて...

バイオマーカーの最近のtopics

がん分子標的治療 Vol.16 No.2, 42-49, 2018

分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬ががん治療に浸透していくなかで,より適切で効果的な治療開発に向け,バイオマーカーの研究...

(座談会)遺伝子解析に基づく新しい分子標的治療

がん分子標的治療 Vol.14 No.1, 68-75, 2016

遺伝子解析に基づいた分子標的治療により,個別化治療が実臨床でも行われるようになっている。乳がんではヒト上皮成長因子受容体(HE...

慢性骨髄性白血病診療の現状と展望

Trends in Hematological Malignancies Vol.4 No.2, 10-17, 2012

「ファーストライン治療における第2世代チロシンキナーゼ阻害薬の位置づけ」松村:慢性期の慢性骨髄性白血病(chronic myeloid...

慢性骨髄性白血病治療の現状と病態に基づいた今後の治療

Trends in Hematological Malignancies Vol.1 No.1, 8-16, 2009

松村 慢性骨髄性白血病(chronic myeloid leukemia;CML)の治療は, イマチニブの登場により飛躍的に進歩しましたが, 抵抗性や不耐容の...