記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全31件中)

2.骨粗鬆症の治療目標

THE BONE Vol.32 No.3, 23-27, 2019

海外では骨粗鬆症治療における「Goal-directed treatment」の方針が報告されている.米国では骨粗鬆症治療域を脱することを治療のゴ...

骨ミネラル代謝研究・臨床における国内外の動向

THE BONE Vol.31 No.4, 99-106, 2018

田中:日本骨代謝学会総会は前身の研究会から数えると,今回で50周年となります.内科,整形外科だけでなく,放射線科,あるいは医学...

『O.li.v.e.』創刊5周年記念座談会

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 6-14, 2016

「骨リモデリングの制御に重要な働きをしている骨細胞」太田:骨代謝と生活習慣病の連関を,多面的な視点から捉えることをコン...

2 骨粗鬆症

WHITE Vol.4 No.1, 21-28, 2016

「はじめに」わが国における骨粗鬆症の推定患者数は,約1,280万人とされる.40歳以上の女性の大腿骨頸部骨密度で診断した骨粗鬆症罹...

生活習慣病におけるカルシウム代謝制御の重要性

The Importance of Calcium Metabolism in Life-style Related Diseases

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.2, 25-30, 2016

「はじめに」糖尿病や高血圧,脂質異常症などの生活習慣病は,生活の質や生命予後に直結する疾患群である。カルシウムはすべての生体...

Ⅱ.原発性骨粗鬆症の診断,治療 1.原発性骨粗鬆症の診断と薬物治療開始基準

Diagnostic criteria for primary osteoporosis and the guidelines for medication of primary osteoporosis

THE BONE Vol.30 No.1, 23-27, 2016

骨粗鬆症治療が広く行われるために必要な骨粗鬆症の診断基準と薬物治療開始基準については,それぞれ「原発性骨粗鬆症の診断基準(20...

選択的エストロゲン受容体修飾薬の骨外作用 糖・脂質代謝

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.1, 33-38, 2016

「Summary」生理的濃度のエストロゲンは糖・脂質・エネルギー代謝に対してよい影響を及ぼす。ホルモン補充療法(hormone replacement...

(SERMに関する最新論文の要約と解説)閉経後骨粗鬆症患者を対象に7年間のバゼドキシフェンの長期有効性と安全性を検討した無作為化二重盲検プラセボ対照試験:骨密度および骨折に対する影響

Palacios S, Silverman SL, de Villiers TJ, et al : A 7-year randomized, placebo-controlled trial assessing the long-term efficacy and safety of bazedoxifene in postmenopausal women with osteoporosis : effects on bone density and fracture. Menopause. 2015 Feb 9. [Epub ahead of print]

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.5 No.3, 58-63, 2015

「はじめに」閉経後女性ではエストロゲン産生量の減少が骨量低下を加速し,骨粗鬆症の発症頻度が増加する.骨粗鬆症性骨折は罹病率や...

糖尿病と骨粗鬆症

DIABETES UPDATE Vol.4 No.3, 24-29, 2015

「はじめに」加齢によって増加する疾患の1つに骨粗鬆症がある。平成25年国民生活基礎調査の概況によると,要支援・要介護となった原...