記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 9件目 (全9件中)

神経疾患における夜間頻尿と尿失禁

排尿障害プラクティス Vol.19 No.2, 33-39, 2011

 神経疾患による排尿障害の病態は複雑かつ難解であるほか,経時的に変化することがあるため,病状および原因の把握や処置に難渋する...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.19 No.2, 5, 2011

 夜間頻尿と尿失禁は非常に頻度の高い症状であり,下部尿路症状の中での二大症状といってもよいと思われる.しかも患者のQOLを阻害...

第63回日本自律神経学会総会

2010年11月22日(金)~23日(土)於:ワークピア横浜

排尿障害プラクティス Vol.18 No.4, 96-97, 2010

第63回日本自律神経学会総会が済生会横浜市東部病院脳神経センター長の國本雅也先生を会長として, ワークピア横浜で10月22日と23日開...

うつと排尿障害

排尿障害プラクティス Vol.15 No.4, 42-48, 2007

うつ病/うつ状態の身体症状として, 体重減少, 不眠, リビドーの低下などがある. さらに, 排尿障害がうつ病患者の約2~3割にみられ, ...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.15 No.4, 7, 2007

排尿機能は自律神経系の支配下にあり, その自律神経系は精神機能の影響を非常に受けやすいことが知られている. 例えば, 試験の直前な...

第41回日本脊髄障害医学会印象記:排尿障害に注目して

2006年11月9日(金)~10日(土)於:千葉市京成ホテル ミラマーレ

排尿障害プラクティス Vol.15 No.1, 105-108, 2007

2006年11月9~10日にかけて, 千葉市京成ホテル ミラマーレにおいて, 第41回日本脊髄障害医学会(41st Annual Meeting of Japan Medica...

脳卒中後の排尿障害

―特に尿貯留なしに頻尿を訴える時の対策―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.4, 39-46, 2007

脳血管障害には種々のものがあるが, 出血や梗塞により急激に片麻痺や意識障害を来す脳卒中(通常一側半球に単発する)と, ラクナと呼ば...

磁気刺激法の神経学的診断法への応用

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 52-64, 2006

磁気刺激は, 被検者に痛みを感じさせず, 非侵襲的に, 電気刺激と同様の刺激を, 末梢および中枢神経に与えることができる. そのため, ...