記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全31件中)

アピキサバンが良い適応となる病態・患者像とは?

脳神経内科の立場から

Cardio-Coagulation Vol.4 No.2, 36-40, 2017

最近まで,非弁膜症性心房細動(NVAF)に対する心原性脳塞栓症予防を目的とした経口抗凝固薬はビタミンK拮抗薬(ワルファリン)のみ...

4.抗凝固療法Up-To-Date

Anticoagulation therapy Up-To-Date

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 34-41, 2016

「Summary」超高齢社会を迎えるわが国において,今後心房細動患者の増加,またその高齢化が予想され,リスク管理はますます重要にな...

第22回 札幌コンセンサス

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 82-85, 2015

「はじめに」人口の高齢化と血栓症に対する予防ガイドラインの普及により,抗血栓薬(抗血小板薬,抗凝固薬)服用者は年々増加してい...

脳梗塞再発予防のための抗血栓療法

Antithrombotic therapy for the secondary prevention of cerebral infarction

脳と循環 Vol.20 No.3, 31-38, 2015

「SUMMARY」脳卒中治療ガイドライン2009の発表から6年が経過し,脳梗塞慢性期の抗血栓療法は大きな変革期を迎えている.抗凝固薬とし...

経口抗凝固薬の使い分け

How to choose anticoagulants

脳と循環 Vol.20 No.2, 43-48, 2015

「SUMMARY」経口抗凝固薬として,非弁膜症性心房細動以外の多くの疾患や高度腎機能障害患者には,ワルファリンのみが適応となる(静...

経口抗凝固薬の臨床試験とエビデンス

Clinical trials and evidences concerning anticoagulants

脳と循環 Vol.20 No.2, 35-41, 2015

「SUMMARY」近年,次々に発売されている新規経口抗凝固薬はいずれも標準治療薬であるワルファリンとの非劣性を大規模臨床試験で実証...

(座談会)経口抗凝固薬の展望

脳と循環 Vol.20 No.2, 15-24, 2015

「心房細動による心原性脳塞栓症の特徴と実態」棚橋(司会):近年注目されている新規経口抗凝固薬(NOACs)は、1962年の発売...

新規経口抗凝固薬による非弁膜症性心房細動の脳塞栓予防

Prevention of ischemic stroke for NVAF patients with NOAC.

Pharma Medica Vol.33 No.5, 43-47, 2015

「はじめに」心原性脳塞栓は脳梗塞のなかでも最も重症度が高く,退院時転帰の6割は死亡,寝たきり,補助無しでは歩けない,のいずれ...