記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全148件中)

妊娠時の子宮平滑筋の収縮とその制御

(2)オキシトシンとプロスタグランジン

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.26 No.3, 41-45, 2019

オキシトシンとプロスタグランジン(PG)は分娩時に強力な子宮収縮力を生み出す因子として知られてきた。これらはすでに子宮収縮促進...

人とのつながりで広がる新生児医療の可能性

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 43-46, 2019

北海道大学医学部に進学し,当時の医学部教育にはない社会問題(障害者医療,老人医療,救急医療,地域医療,国際医療など)に取り組...

第25回 日本胎児心臓病学会学術集会

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 42, 2019

2019年2月15~16日に大阪国際会議場で第25回日本胎児心臓病学会学術集会を開催した。今回のテーマは,胎児診断により1人でも多くの...

腸内細菌叢と周産期医療

新生児期の腸内細菌叢が健康にいつまで影響するか?

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 25-32, 2019

腸内細菌叢(gut microbiota)をキーワードとしてPubMedで検索すると,2000年までは10件以下であったが,13件(2001年),32件(2002...

補助循環による小児重症心不全管理

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 16-19, 2019

日本の心臓血管外科治療の最先端を担ってきた東京大学医学部附属病院心臓外科。新生児から高齢者まで幅広い年齢層を対象に,先天性心...

NCPRの現状と課題

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 8-15, 2019

新生児蘇生法(NCPR)普及事業は,「すべての分娩にNCPRを習得した医療スタッフが新生児の担当者として立ち会うことができる体制」の...

動脈管閉鎖のメカニズムと動脈管開存症の治療

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 5-6, 2019

胎児期に,動脈管は肺動脈の血流を大動脈へと流し,右心不全を予防する重要なバイパスの役割を果たしている。出生後に肺呼吸が始まる...

教室紹介 宮崎大学医学部耳鼻咽喉・頭頸部外科学教室

鼻アレルギーフロンティア Vol.19 No.1, 32-34, 2019

宮崎医科大学は国の無医大県解消施策,また一県医大構想のもとに1974年6月7日に新設され,耳鼻咽喉科教室は1977年4月1日に開講,同年...