記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 6件目 (全6件中)

百寿者プロジェクトで得られた老化と炎症の関連

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 30-36, 2019

100歳以上の高齢者(以下,百寿者)の多くは90歳代まで日常生活機能(activities of daily living:ADL)の自立を維持しており,健康...

小太りは長生きできない

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 93-97, 2017

肥満は単に体脂肪量の増加だけではなく,体脂肪がどの部位に多く蓄積しているか,体内脂肪分布の違いによって,種々の生活習慣病の罹...

小太りは長生きできる

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 88-92, 2017

肥満は,糖尿病や高血圧とともに最も重要な心血管病危険因子の一つであり,健康長寿の阻害要因であることは疑いがない。一方で,小太...

小太りは長生きできる!? update

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 87, 2017

“小太りは長生きできる?できない?”は人気のバトルテーマだ。カロリーリストリクションと有名なNEJM 誌の大規模疫学研究から,体重...

百寿者研究の新展開

Promise and challenges of centenarian study

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.3, 66-73, 2016

「はじめに」地球規模の高齢化が進むなか,健康長寿の達成が個人にとっても社会にとっても重要な課題となっている。100歳以上の高齢...

4 百寿者とアディポネクチン

Adiponectin and Healthy Aging in Centenarians

アンチ・エイジング医学 Vol.7 No.3, 34-38, 2011

Summary  As population of the aged have been expanding rapidly worldwide, it has become increasingly important to i...