記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全10件中)

エドキサバンの長所と短所

Cardio-Coagulation Vol.5 No.1, 33-39, 2018

エドキサバンは3つの適応症(非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制,静脈血栓塞栓症の治療及び再...

術後痛について

―整形外科的な視点から―

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.2, 14-18, 2017

整形外科領域における術後遷延性疼痛(chronic postsurgical pain;CPSP)に関するエビデンスが多いのは,人工膝・股関節置換術(TKA...

EOS-ETP 2016

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 50-53, 2017

2016年9月26日から28日までイタリア・ミラノで開催されたElective Orthopaedic Surgery “Excellence” Training Programme (EOS-ETP) ...

経口抗凝固薬の使い分け

How to choose anticoagulants

脳と循環 Vol.20 No.2, 43-48, 2015

「SUMMARY」経口抗凝固薬として,非弁膜症性心房細動以外の多くの疾患や高度腎機能障害患者には,ワルファリンのみが適応となる(静...

整形外科手術と静脈血栓塞栓症,抗血栓療法

Venous thromboembolism and antithrombotic therapy in orthopaedic surgery.

Pharma Medica Vol.33 No.5, 49-51, 2015

「はじめに」整形外科手術に関連して血栓塞栓が問題となるのは,切断肢再接着時の再建血管の血栓,周術期の静脈血栓塞栓症(venous t...

エドキサバンの実力

血管医学 Vol.14 No.2, 63-69, 2013

「Summary」エドキサバンは本邦で開発された活性化血液凝固第X因子を選択的, 可逆的かつ直接的に阻害する経口抗凝固薬である. 本邦で...

整形外科:整形外科手術支援ロボット

Pharma Medica Vol.30 No.10, 21-24, 2012

「はじめに」手術支援ロボットは, コンピュータ支援手術システムの1つで, 整形外科領域では, 1980年代から人工関節手術への応用が検...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.30 No.10, 7-8, 2012

1990年代に始まった内視鏡外科手術は, 古代より連綿と続いてきた外科治療に大きなインパクトをもたらした. これを契機に, 外科治療の...

整形外科領域における深部静脈血栓症の治療

Angiology Frontier Vol.7 No.3, 52-57, 2008

整形外科周術期血栓の予防・治療に対するガイドラインが2004年に発表され, 患者・社会ならびに医療スタッフにおける管理体制が始まっ...