記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全160件中)

解明されるがんにおける細胞老化の役割

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 58-62, 2019

細胞老化は本来細胞のがん化に対する防御機能であると考えられてきたが,細胞老化ががん化のメカニズムにもなることが分かってきた。...

乳癌におけるImmuno-Oncology

CANCER BOARD of the BREAST Vol.5 No.2, 17-21, 2019

「ポイント」・乳癌のサブタイプにより免疫原性に違いがある。・乳癌における免疫チェックポイント阻害薬単剤での奏効率はそ...

1 頭頸部癌における免疫療法

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.3 No.1, 28-30, 2019

頭頸部癌は,手術療法,化学療法,分子標的薬,放射線療法に加えて免疫チェックポイント阻害剤の有効性が示され,転移/再発症例にお...

転移性ホルモン感受性前立腺癌に対する診療の多様化

ESPOIR Vol.2 No.1, 9-16, 2019

近年,転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)では治療の個別化のためいくつかの分類が試みられており,集学的治療において局所放射...

特別講演 免疫チェックポイント阻害薬の現在

THE GI FOREFRONT Vol.14 No.2, 31-32, 2019

従来の免疫療法はすべて,リンパ球を活性化させて癌を攻撃させるという刺激系のものであった。しかし実は,癌はprogrammed death(PD...

婦人科悪性腫瘍の食事

Pharma Medica Vol.37 No.2, 78-81, 2019

婦人科悪性腫瘍には主なものに、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんがあります。女性のがんの罹患率で現在は1位に乳がん、5位に子宮...

子宮肉腫に関する最近の話題

Pharma Medica Vol.37 No.2, 63-67, 2019

子宮肉腫はまれで,予後不良な疾患である。子宮肉腫の診断は,2014年のWHO分類で表11)のように分類されたが,病理学的に...

子宮頸がんに対する薬物療法の最近の動向

Pharma Medica Vol.37 No.2, 43-47, 2019

子宮頸がんに対する薬物療法は,遠隔転移のある場合や再発した場合の化学療法として行われてきた。また初回治療においては放射線治療...

各臓器がんにおける併用療法 頭頸部扁平上皮がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.3, 39-44, 2018

CheckMate 141試験の結果から,プラチナ製剤抵抗性の再発・転移性頭頸部扁平上皮がん(R/M-HNSCC)に対するニボルマブの有効性が示さ...