記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全59件中)

大腸癌薬物療法関連バイオマーカー研究の進歩と臨床応用

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 10-18, 2019

次世代シーケンサー(NGS)による網羅的な遺伝子解析が,がんの成因や病態に関する知識を飛躍的に増加させ,それと相まって標的分子...

ニボルマブ使用時の有害事象の対応について教えて下さい。

―日本人で頻度の高い皮膚症状,大腸炎,肝機能障害について―

胃がんperspective Vol.10 No.4, 48-49, 2019

ATTRACTION-2 試験1)の結果を受け,日本では2017年9月に免疫チェックポイント阻害剤(immune checkpoint inhibitor;ICI...

頭頸部癌における診療連携

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.3 No.1, 20-23, 2019

頭頸部癌の治療は,これまでも外科的治療・放射線治療・がん薬物療法を主軸に行われてきた.また,発声・嚥下・呼吸など患者の生活に...

頭頸部癌におけるがん免疫療法の進展

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.3 No.1, 12-19, 2019

田原 わが国において,抗PD-1抗体ニボルマブが「再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌」の治療薬として2017年に承認されました...

胃がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 33-38, 2019

がんの分子生物学的特性の理解が深まるにつれ,胃がんにおいても分子標的薬の開発が進んでいる。現在,切除不能進行・再発胃がんに対...

各臓器がんにおける併用療法 頭頸部扁平上皮がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.3, 39-44, 2018

CheckMate 141試験の結果から,プラチナ製剤抵抗性の再発・転移性頭頸部扁平上皮がん(R/M-HNSCC)に対するニボルマブの有効性が示さ...

各臓器がんにおける併用療法 肺がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.3, 21-25, 2018

進行非小細胞肺がん(NSCLC)では抗PD-1/PD-L1抗体と細胞傷害性抗がん剤(主にプラチナ製剤併用化学療法)の併用療法や抗細胞傷害性...

がん免疫療法の効果増強法の開発:併用療法の現状と展望

がん分子標的治療 Vol.16 No.3, 15-20, 2018

2014年,日本において悪性黒色腫に対してニボルマブが認可されて以降,現在多様ながんに対して抗PD-1抗体治療は保険適用となっており...

①41st ESMO Congress 2016

膵・胆道癌FRONTIER Vol.7 No.1, 43-44, 2018

第41回欧州癌治療学会会議(ESMO:The European Society for Medical Oncology)が2016年10月7日~11日にデンマークのコペンハーゲ...