記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全125件中)

消化管出血の既往例に対する抗血小板・抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 26-31, 2019

消化管出血の代表として消化性潰瘍出血と大腸憩室出血を取り上げ,その既往がある症例に対して抗血小板・抗凝固療法を行う際の対応に...

脳出血既往例や脳微小出血保有者に対する抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 17-25, 2019

脳梗塞の一次予防,二次予防としての抗凝固療法は確立された治療であるが,エビデンスとなる大規模臨床試験の結果は頭蓋内出血イベン...

臨床 抗血栓療法と脳出血

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.1, 29-33, 2018

抗血栓薬の使用に際し,実臨床では出血性合併症が懸念される。特に抗血栓薬内服中に脳出血が生じた場合には,抗凝固薬・抗血小板薬い...

基礎 脳卒中の各病型とその治療

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.1, 17-21, 2018

脳卒中は急性のエピソードを伴う脳血管障害であり,大きく,出血性と虚血性に分けられる。出血性脳卒中には,くも膜下出血と脳出血が...

抗凝固療法中や抗血小板療法中の消化管出血

Cardio-Coagulation Vol.4 No.3, 31-37, 2017

抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)は小腸粘膜障害を増悪させ,上部に加えて下部の消化管出血のリスク因子となる。また,抗血栓薬の多剤...

トピック 肝細胞増殖因子(HGF)の多面的作用

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 49-56, 2017

末梢動脈疾患(peripheral artery disease:PAD)は動脈硬化症,血栓症を主な病因とする疾患で,欧米では100万人あたり年間500~1,00...

3.チエノピリジン系薬剤による虚血性心疾患の治療の現状と問題点

Current status and issues on thienopyridine antiplatelet agents

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 28-33, 2016

「Summary」抗血小板クロピドグレルは,薬効標的未知のままランダム化比較試験と経験に基づいて,世界で広く使用された。クロピドグ...