記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全219件中)

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

2.心房細動と高血圧

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 35-38, 2020

睡眠時無呼吸症候群は,高血圧,心不全,心房細動,冠動脈疾患,大動脈解離など様々な循環器疾患を合併することが知られている.その...

世界血栓症デー(2018年10月13~14日)

Frontiers in Haemophilia Vol.6 No.2, 48-51, 2019

国際血栓止血学会(ISTH)は,血栓症の概念を確立したドイツの病理学者 Rudolf Virchowの業績および貢献を記念して誕生日である10月1...

遺伝学的マーカーと心房細動アブレーション

Cardio-Coagulation Vol.6 No.4, 27-33, 2019

心房細動に対するカテーテルアブレーション治療はこの20年間で飛躍的に進歩し,現在はリズムコントロールの有力な治療選択肢となって...

心房細動に対するprecision medicine

Cardio-Coagulation Vol.6 No.4, 6-13, 2019

これまでの日本の医療では医療機関による治療(Cure)が重視されていたが,近年社会全体で疾患の予防に取り組むこと(Care)に力点が...

第6回日本心血管脳卒中学会(CVSS)学術集会

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 60-61, 2019

日本心血管脳卒中学会(Cardiovascular Stroke Society of Japan:CVSS)は,「心臓血管領域と脳血管領域の双方に連関する脳血管障害...

経皮的左心耳閉鎖術の実際

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 32-37, 2019

経皮的左心耳閉鎖術は,わが国では2019年2月にWATCHMAN左心耳閉鎖システム(Boston Scientific社)の薬事承認を得ることができ,い...

消化管出血の既往例に対する抗血小板・抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 26-31, 2019

消化管出血の代表として消化性潰瘍出血と大腸憩室出血を取り上げ,その既往がある症例に対して抗血小板・抗凝固療法を行う際の対応に...

脳出血既往例や脳微小出血保有者に対する抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 17-25, 2019

脳梗塞の一次予防,二次予防としての抗凝固療法は確立された治療であるが,エビデンスとなる大規模臨床試験の結果は頭蓋内出血イベン...

出血リスク症例における脳梗塞予防

―抗凝固療法や左心耳閉鎖術の位置づけ―

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 6-15, 2019

近年,直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の登場により抗凝固療法のベネフィットを得る心房細動患者も増えてきた一方で,超高齢社会に突...