記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全27件中)

「COMPASS試験」

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.1, 68-70, 2018

臓器別の専門医育成が主流となってから,「心筋梗塞」と「脳梗塞」は別の病気と捉えられた。製薬企業も,循環器医,神経内科医など臓...

3.チエノピリジン系薬剤による虚血性心疾患の治療の現状と問題点

Current status and issues on thienopyridine antiplatelet agents

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 28-33, 2016

「Summary」抗血小板クロピドグレルは,薬効標的未知のままランダム化比較試験と経験に基づいて,世界で広く使用された。クロピドグ...

特集によせて

血栓と循環 Vol.23 No.4, 5, 2015

科学は普遍性を追求する.エビデンスベースドメディシンも医療を科学としてとらえる思想の体系である.診療ガイドラインの元となるラ...

抗凝固,抗血小板療法の最近の動向

Recent progress in anticoagulant and antiplatelet therapy.

Pharma Medica Vol.33 No.5, 11-16, 2015

「Ⅰ.有効性か安全性か」血液凝固系を阻害する薬剤を抗凝固薬,血小板細胞の機能を阻害する薬剤を抗血小板薬と称する1)-3)。血液凝...

特集にあたって

Introduction.

Pharma Medica Vol.33 No.5, 7-9, 2015

「Ⅰ.抗血栓療法は諸刃の剣」高血圧,脂質異常症,糖尿病などは検査値の異常があれば無症状でも病気と認識される。降圧薬,コレステ...

1.抗血小板療法:リスクベネフィットの価値判断

血栓と循環 Vol.22 No.2, 10-14, 2014

「論文のポイント」 [1]抗血栓薬による介入は出血イベントリスクを増加させる. [2]血栓イベントリスク低減効果と出血イ...

Overview:2.心臓

血栓と循環 Vol.22 No.1, 94-98, 2014

現在の医療はEvidence Based Medicineを規範としている. Evidence Based Medicineの世界においては, 経験を積んだ医師の判断より, 科...