記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全12件中)

肺うっ血と体うっ血の違い:病態から治療まで

Pulmonary congestion and systemic congestion from pathophysiology to treatment

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.1, 14-18, 2016

「Summary」肺うっ血は,左心不全による肺静脈圧上昇により起こる左室の後方障害である。体うっ血は,右心不全による大静脈圧上昇に...

ループ利尿薬と塩分補充

Salt and diuretics in the management of heart failure

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.4, 37-43, 2015

「Summary」心不全における塩分と利尿薬の関係は実に興味深い。古くから心不全管理には塩分制限が必要とされてきたが,最近は過度な...

収縮力の低下した心不全患者での減うっ血療法中の尿組成変化

Urinary composition during decongestive treatment in heart failure with reduced ejection fraction. Verbrugge FH, Nijst P, Dupont M, et al. Circ Heart Fail 7 : 766-772, 2014

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.1, 74-75, 2015

「要約」うっ血兆候や症状は,心不全患者の入院の主たる原因である。心不全で入院となる患者に対する減うっ血療法として,利尿薬は最...

体液過剰是正のための方策:薬物療法

Decongestion strategy for treatment of heart failure

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.1, 47-53, 2015

「Summary」1960年代,心不全は体液貯留からの臓器うっ血が主病態と考えられており,治療は利尿薬によるうっ血の解除(decongestion...

病態と対処法:高張食塩水

Fluid Management Renaissance Vol.3 No.3, 37-42, 2013

「Summary」 利尿薬抵抗性とは, 一般的に長期の利尿療法によって引き起こされる神経体液性因子の活性化が引き起こす腎尿細管自体の機...

(座談会)ループ利尿薬抵抗性への対処

Fluid Management Renaissance Vol.3 No.3, 7-14, 2013

ループ利尿薬は心不全の体液管理において第一選択となるが, 一方でループ利尿薬抵抗性という問題がある. 従来の治療では少量のサイア...

心不全治療におけるループ利尿薬の使い分け

Fluid Management Renaissance Vol.3 No.2, 26-32, 2013

「Summary」 ループ利尿薬, ジギタリス製剤は心不全治療薬のなかで最も歴史のある薬剤である. ジギタリス製剤は以前に比べ使用頻度が...

各論 利尿薬再考

CARDIAC PRACTICE Vol.24 No.3, 33-36, 2013

[はじめに] 1990年頃より, 心不全の増悪・進展に神経体液性因子の関与が明らかになり始めた. そして, レニン・アンジオテンシン系阻...

心疾患に伴う浮腫の診断と治療

Fluid Management Renaissance Vol.2 No.3, 25-31, 2012

心疾患が原因で浮腫をきたした場合を, 一般に心性浮腫という. 通常, 心性浮腫は下腿に好発する下腿浮腫を指すが, 機序的にはうっ血・...

低Na血症

Fluid Management Renaissance Vol.2 No.2, 27-33, 2012

「Summary」 心拍出量の約20%が腎臓に供給されるが, 心不全では心拍出量の約10%程度に半減する. 腎血流量が減少すると, レニン-アン...