記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

潜因性脳梗塞の位置づけと特徴

Cardio-Coagulation Vol.4 No.4, 15-20, 2018

潜因性脳卒中とは,原因が特定できない脳卒中(特に脳梗塞)を指す用語である。さまざまな検査を行っても原因の特定に至らない脳梗塞...

WSC 2016(世界脳卒中会議)

Cardio-Coagulation Vol.4 No.1, 54-55, 2017

10回目を迎える世界脳卒中会議(World Stroke Congress:WSC)が2016年10月26~29日にかけ,インド第5の都市ハイデラバードで開催さ...

心血管疾患リスクと認知症

Cardio-Coagulation Vol.4 No.1, 6-14, 2017

高齢化が進むわが国において認知症対策は喫緊の課題である。原因疾患による認知症の分類では血管性認知症,アルツハイマー病,および...

血栓回収療法導入後のrt-PA療法の考え方

rt-PA therapy in the era of thrombectomy

脳と循環 Vol.21 No.1, 21-26, 2016

「SUMMARY」脳梗塞の治療成績向上の鍵は,いかに速く有効再開通を得るかに懸かっている.血行再建療法には血栓回収療法とrt-PA療法が...

rt-PA血栓溶解療法における脳血流状態の評価

Evaluation of Cerebral Blood Flow in Patients Undergoing rt-PA Thrombolysis

脳と循環 Vol.19 No.3, 27-31, 2014

[SUMMARY] rt-PA血栓溶解療法では, 迅速な治療開始を何より優先する. 発症4.5時間までは, 経過時間と早期虚血変化の出現様式から残存...

血栓溶解療法の現状

Pharma Medica Vol.27 No.1, 59-63, 2009

「はじめに」血栓溶解療法は, 動脈内に詰まった血栓を溶解し血流を再開させる治療で, 主な適応疾患に心筋梗塞, 脳梗塞, 肺塞栓症があ...

(座談会)血栓溶解療法:承認後2年間の総括

脳と循環 Vol.13 No.2, 11-20, 2008

添付文書, 適正治療指針とt-PA講習会 峰松(司会) 今号は「血栓溶解療法:現状と未来」というテーマで特集を企画しました. 2005年10月...