記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全22件中)

臨床 動脈硬化性疾患と腸内細菌叢

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.4, 29-32, 2019

ヒトは血管と共に老いるといわれており,動脈硬化性疾患はわが国において死因の第2位,約30%をも占める。死に至らずとも,心筋梗塞...

総論

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.4, 15, 2019

腸は人体最大の免疫器官として知られ,腸内細菌についての研究は,古くから行われていた。近年,次世代シーケンサーを含めた科学技術...

6. 脂質代謝と心臓血管病における腸内細菌の役割

The Lipid Vol.29 No.4, 50-57, 2018

腸内細菌は,一次胆汁酸の脱抱合,脱水酸化反応を担っており,無菌状態では二次胆汁酸がほとんど存在しない.無菌マウスの解析により...

動脈硬化と腸内環境

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.1, 45-50, 2018

近年,生活習慣の欧米化や超高齢社会の到来に伴い,動脈硬化を基盤とする冠動脈疾患の重症患者は増加している。また一方で,動脈硬化...

3 動脈硬化と腸内フローラ

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 29-32, 2017

近年,腸内細菌が動脈硬化の形成に深く関わることが明らかにされた。私たちは,動脈硬化性疾患を有する患者の腸内細菌叢のLactoba...

基礎医学とのダイアローグ(2) 腸内細菌と動脈硬化

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 68-72, 2017

動脈硬化と腸内細菌の関係については,trimethylamine-N-oxide(TMAO)という腸内細菌由来の代謝産物が動脈硬化を悪化させるというこ...

腸内細菌と動脈硬化

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 158-162, 2017

近年,食生活を含む生活習慣の欧米化により日本人における冠動脈疾患の発症率は増加している。現在,冠動脈疾患予防の基盤をなすスタ...

スタチン時代の動脈硬化研究

The Lipid Vol.27 No.4, 1, 2016

20世紀後半から21世紀にかけて,LDL受容体の発見やマクロファージなどの炎症細胞の役割,血管内皮細胞が産生するエンドセリンや一酸...

トランス脂肪酸と血管医学

血管医学 Vol.17 No.2, 75-82, 2016

「Summary」トランス脂肪酸は,常温で液体である植物油を半固形に変換する部分水素添加工程において,副生成物として産生される工業...