記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全16件中)

膵IPMNの歴史と将来の展望

Pharma Medica Vol.35 No.1, 9-12, 2017

膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;IPMN)は,大橋ら1)が1982年に提唱した「粘液産生膵癌」をより広く...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.35 No.1, 7-8, 2017

本特集では,通常型膵癌および膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;IPMN)を取り上げた。わが国にお...

特集にあたって

Introduction.

Pharma Medica Vol.34 No.3, 7-8, 2016

本特集では内視鏡外科手術を取り上げた。1983年Semmが腹腔鏡下虫垂切除をはじめて行い,その後良性疾患を中心にさまざまな領域で臨床...

特集にあたって

Introduction.

Pharma Medica Vol.33 No.1, 7-8, 2015

肝癌は,世界で2番目に死亡者の多い癌とされており,2012年には全世界で70万人以上が命を落としている。わが国において肝細胞癌の罹...

第9回日本肝がん分子標的治療研究会記録集

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.1, 57-64, 2014

(当番世話人)高山忠利 日本大学医学部消化器外科開催日時:2014年1月25日(土) 会場:海運クラブ「The Liver Cance...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.29 No.11, 7-8, 2011

 わが国の臓器移植は生体移植から始まった。東京大学の木本らによって,初の生体腎移植が行われたのは1964年,島根大学の永末らによ...

(2)優劣の実証

―SURF trialの構想―

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.1, 33-40, 2010

「Summary」SURF trialは, Child-Pugh scoreで7点以下の肝機能, かつ3個以下3cm以下の腫瘍条件を満たす初発典型的肝細胞癌に対する肝...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.27 No.3, 7, 2009

内視鏡の起源は1853年にフランスのデソルモが尿道や膀胱を観察する器械に命名したことに始まる. 以来150年以上かけて, 人体内部をよ...