記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 7件目 (全7件中)

内分泌性高血圧の現在と未来

Pharma Medica Vol.34 No.8, 37-41, 2016

「はじめに」地球上に生物が誕生し複数の臓器をもった哺乳動物に進化する過程で,生物には循環器系が備わった。生物を構成する1つひ...

血中可溶性(プロ)レニン受容体濃度の測定意義

Significance of measurements of blood soluble(pro) renin receptor concentrations

Angiology Frontier Vol.13 No.1, 19-23, 2014

「Summary」(プロ)レニン受容体[(P)RR]は全身の重要臓器に広く分布し, プロレニンを活性化して組織レニン-アンジオテンシン(RA)系の...

特集にあたって

Angiology Frontier Vol.13 No.1, 12, 2014

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン(RAA)系は, 脈管学に関与する液性因子群の中心に位置する内分泌系と言って過言ではありませ...

(座談会)高血圧の成因から考える利尿薬治療の意義

Fluid Management Renaissance Vol.2 No.4, 7-14, 2012

高血圧はさまざまな因子が絡み合って発症するが, なかでも腎臓と高血圧は密接に関連している. 高血圧の原因は主として腎臓のNa調節機...

プロラクチン産生下垂体腺腫の治療の最新の考え方

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.18 No.3, 67-71, 2011

Summary  深刻な性腺機能低下症をおこす高プロラクチン(PRL)血症の病態は多彩であるが,頻度,治療の必要性からプロラク...

直接的レニン阻害薬

Direct renin inhibitor

Angiology Frontier Vol.10 No.1, 39-44, 2011

Summary  レニン-アンジオテンシン系(RAS)の最上流反応を触媒するレニンの酵素活性を抑制する直接的レニン阻害薬(DRI)...