記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全43件中)

第13回国際肝癌学会(ILCA 2019)

The Liver Cancer Journal Vol.12 No.1, 39-42, 2020

ILCA 2019は2019年9月20日から22日までシカゴのマリオットホテルで開催された(写真1,写真2,写真3)。毎年同...

分子標的治療薬の併用療法

②TACEと分子標的治療薬の併用療法

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.2, 28-34, 2019

Intermediate stageの標準治療であるTACEは局所制御効果に優れているが,再発をきたしやすいことが問題である。再発のたびにTACEが繰...

第54回米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018)

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.2, 54-61, 2018

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は世界最大規模の癌治療に関する学術集会であり,最新の癌治療の成果が発表される。ASCOの発表に関する規則...

急激に変貌する肝癌の薬物療法

③肝細胞癌における免疫チェックポイント阻害薬とその他の治療法との組み合わせ治療

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.1, 49-55, 2018

肝細胞癌においても,他癌腫と同様,免疫チェックポイント阻害薬と他の治療法との組み合わせ治療の試みが活発化している。代表的なも...

肝動脈化学塞栓療法(TACE)の適応の再考

①BCLC-Bの亜分類とTACEの適応

The Liver Cancer Journal Vol.9 No.1, 26-29, 2017

Barcelona Clinic Liver Cancer(BCLC)Bは肝動脈化学塞栓療法(TACE)が推奨治療とされている。TACEにより根治が得られる症例や予後...

肝癌の免疫療法

①肝細胞癌における免疫チェックポイント阻害剤の可能性

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 86-93, 2016

これまで,抗PD-1抗体ニボルマブを用いた第Ⅰ/Ⅱ相試験が2016年6月米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表された。その結果,214...

肝癌に対する肝動注化学療法のエビデンスと今後

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 77-83, 2016

高率に再発を繰り返す肝癌は治癒を望むことが難しい癌腫の1つである。医療の進歩した昨今,その治療法はRFAから肝移植までさまざまあ...

第9回国際肝癌学会(ILCA)

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.4, 56-59, 2015

第9回国際肝癌学会(ILCA)は2015年9月4日から6日までの間,パリのMarriott Rive Gauche Hotel & Conference Centerで開催された。前...

第12回日本肝がん分子標的治療研究会記録集

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.3, 63-76, 2015

(当番世話人)日野啓輔 川崎医科大学肝胆膵内科学教授開催日時:2015年6月6日(土) 会場:倉敷アイビースクエア「Th...