記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全12件中)

オートファジーの制御機構について

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 58-62, 2017

オートファジーはリソソームを分解の場とする細胞内分解機構として1963年にde Duveによってはじめて報告された。オートファジー研究...

癌における解糖系酵素の制御とその働き

大腸がんperspective Vol.2 No.3, 49-53, 2015

[テーマ文献①]Patra KC, Wang Q, Bhaskar PT, et al. Hexokinase 2 is required for tumor initiation and maintenance and its sy...

第11回優秀演題論文集 Session7 TACE不応肝内多発肝細胞癌に対して開始6ヵ月後にソラフェニブが奏効した1例

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.2, 64-65, 2015

「はじめに」既存の治療が適応外となる進行肝細胞癌(HCC)に対してソラフェニブが標準治療とされるが,奏効率は1%程度である1)。...

Question TGF-βの働きと癌治療への応用について教えてください

Surgery Frontier Vol.22 No.2, 84-86, 2015

「Answer」「はじめに」β型トランスフォーミング増殖因子(transforming growth factor-β:TGF-β)は,細胞の増殖や分化,組織...

Question 膵頭十二指腸切除術の適切なmarginは?

Surgery Frontier Vol.22 No.2, 77-79, 2015

「Answer」「はじめに」膵頭十二指腸切除術(pancreaticoduodenectomy;PD)は,主に膵癌,胆道癌(中・下部胆管癌,乳頭部癌...

Ⅱ.疾患特異的iPSの臨床 3.消化器疾患の治療を標的とした,疾患特異的iPSの臨床応用

Clinical relevance of induced pluripotent stem cell therapy for gastrointestinal diseases

Surgery Frontier Vol.22 No.2, 46-50, 2015

「Summary」無限の増殖能ならびに多分化能を有する多能性幹細胞である胚性幹細胞(embryonic stem cell;ES細胞)や人工多能性幹細胞...

Question 急性胆嚢炎に対する手術のタイミングについて教えてください

Surgery Frontier Vol.22 No.1, 84-86, 2015

「Answer」急性胆嚢炎に対する手術時期に関しては古くからさまざまな比較検討がなされており,早期の腹腔鏡下胆嚢摘出術が術後死亡率...

Question miR-26aの血管新生阻害効果について教えてください

Surgery Frontier Vol.22 No.1, 81-83, 2015

「Answer」microRNA(miR)は細胞内に存在する長さ21~25塩基長のnoncoding RNA(非翻訳RNA)であり,自身と相補的な配列をもつmRNA...

Question VEGFとEMT・癌幹細胞との関連について

Surgery Frontier Vol.21 No.4, 70-73, 2014

Answer「はじめに」1 癌幹細胞癌組織内が癌幹細胞を母体として発生しているという癌幹細胞説が白血病において報...

Question C型肝炎ウイルスとスタチン・肝細胞癌との関連について

Surgery Frontier Vol.21 No.3, 87-89, 2014

「Answer」 近年, C型肝炎に対する新たな治療薬として, プロテアーゼ阻害剤やポリメラーゼ阻害剤の開発が飛躍的に進んでおり, わが国...