記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全15件中)

特集にあたって

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 17, 2017

大腸癌治療に関するガイドラインは,国内外に複数存在する。EBMに基づいて作成されるガイドラインは,批判的吟味による論文の客観的...

肝転移に対するPerioperative/Conversion戦略を再考する

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 8-15, 2017

大腸癌肝転移は的確な画像診断と精緻な手技に基づく肝切除により長期予後が期待できる。近年,肝切除成績の向上と適応拡大を目指して...

術後補助化学療法の最新データを読み解く

大腸がんperspective Vol.2 No.4, 8-15, 2016

R0切除が行われたStage Ⅲの大腸癌に対して,再発抑制を目的に術後補助化学療法が行われている。しかしStage Ⅱ大腸癌や直腸癌における...

特集にあたって

大腸癌FRONTIER Vol.6 No.1, 11-11, 2013

大腸癌の治療成績の向上とともに, 従来では比較的まれであった特殊な転移形態の頻度が増加している. 治療成績が向上することは患者や...

現規約の問題点―腫瘍内科医の立場から―

Issues to be revised from the viewpoints of medical oncologist

大腸癌FRONTIER Vol.5 No.3, 24-25, 2012

「はじめに」現行の大腸癌取扱い規約第7版補訂版(2009年1月発行)において, 薬物療法に関係する記述は, 第4章 治療法の4.3 薬物治療, ...

特集にあたって

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.4, 9, 2011

 平成21年度の国民医療費は全体で36兆67億円に達し,国民所得に対する比は10.61%となった。特に注目すべきは最近5年間での医療費の...

日本発の抗がん剤を世界の標準治療に

~経口薬による新時代のがん治療を目指して~

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.4, 78-83, 2011

ティーエスワン®(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤,以下S-1)は,わが国で開発されたフッ化ピリミジン...

個別化医療の時代を迎えて

~抗がん剤開発を巡る将来展望~

大腸癌FRONTIER Vol.3 No.2, 62-67, 2010

経口投与が可能なFU系抗がん剤は, 外来による処方が可能なため, 静注薬の5-FUに比べて患者にとっての利便性が大きいと期待されている...