記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 6件目 (全6件中)

再発抑制のための抗ウイルス療法

Anti-viral therapy in prevention of recurrence after curative treatment of viral hepatitis related hepatocellular carcinoma.

Pharma Medica Vol.33 No.1, 59-62, 2015

「はじめに」肝切除やラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation;RFA)による根治療法が発達したことにより,肝細胞に対しては良好...

徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部消化器・移植外科学の肝細胞癌に対する取り組み 術前3Dシミュレーションや術中ナビゲーションシステム,ソラフェニブを用いたConversion hepatectomyなどにより肝細胞癌の根治・長期生存を目指す

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.3, 40-48, 2014

徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部消化器・移植外科学は, 「拡大切除・機能喪失から低侵襲・再生外科へ」をスローガンに, ...

肝硬変患者に対するテーラーメイド栄養管理の血液生化学指標についての検討

栄養-評価と治療 Vol.28 No.1, 18-20, 2011

SUMMARY 間接熱量計により測定される非蛋白性呼吸商(npRQ)は肝グリコーゲン蓄積量を反映し,就寝前夜食(LES)療法適応を...

高度技能医制度を包括するデータベース

Surgery Frontier Vol.17 No.4, 32-38, 2010

「Summary」日本肝胆膵外科学会データベースでは, (1)高度技能医制度(高度技能医, 修練施設)が, 肝胆膵領域のいかなる手術をいかなる...

転移性肝癌

Frontiers in Gastroenterology Vol.13 No.1, 17-34, 2008

ラジオ波焼灼術を推進する立場から 肝転移治療の第一選択は肝切除とされてきた. しかし, 肝転移では, 予後が原発癌の生物学的態度や...

術後肝不全に対する治療法の選択

Surgery Frontier Vol.14 No.2, 42-50, 2007

肝不全は, 肝細胞機能が低下した結果, 代謝異常とそれによるさまざまな臨床症状を呈する病態で, 肝切除およびそれに伴う生体への侵襲...